マネーフォワード IT 管理クラウド

料金について

無料プラン無料プランあり
初期費用0円
費用・50ID以下のお客様
無料

・51ID〜300ID以下のお客様
月額1ID300円

・301ID以上のお客様
お問い合わせください

製品の特徴 

・連携可能SaaS数が170以上!APIが無いSaaSも自動連携
・オフボーディングフロー機能により退職者アカウントを自動判定
・Google Workspaceとの連携によりシャドーITを簡単に検知
様々なSaaSと連携することで、社内のSaaSを可視化し、セキュリティリスクを低減。
無駄なコストを削減し、棚卸しなどの作業を効率化する、SaaSの家計簿サービスです。



【マネーフォワードIT管理クラウドとは】
1200万人が利用する家計簿アプリ「マネーフォワードME」のアカウントアグリゲーション技術をSaaS管理に転用したSaaSの家計簿です。

社内で増え続けるSaaS利用の不安を解消します。
・社内で利用されているSaaSがわからない
・どんなSaaSを誰が使っているのかわからない
・シャドーIT / 野良ITが不安にする

また、プライム市場に上場しており、様々な金融機関と連携している
マネーフォワードのグループだからこそサービス事業者側の「セキュリティ」も憂慮無く、
安心してご利用いただるサービスです。


マネーフォワードIT管理クラウドの連携可能SaaS一覧(一部)
https://i.moneyforward.com/integrations/

こんな企業におすすめ

  • 業界問わず、以下の課題をお持ちのお客様


    ■社内で利用されているSaaSがわからない
    SaaSはIT部門だけでなく、各事業部でも導入されており、
    社内で利用されている全てのSaaS一覧を作成することは大変困難です。
    多くの場合、リストが存在しません。


    ■どんなSaaSを誰が使っているのかわからない
    入社、異動、退社などさまざまなタイミングでアカウント付与が行われます。
    アカウントの保持と権限状況を可視化するのは難しく、自社ドメイン以外でもSaaSが利用されています。
    把握するだけでも大変な状況です。


    ■シャドーIT / 野良ITが不安にする
    SaaSは手軽に利用開始が可能な分、個人で利用しているSaaSを業務で利用するなど、
    数多くの目に見えないセキュリティリスクが存在します。
    エージェント型の対策ソフトは導入障壁が高く、導入がなかなか進みません。

導入事例

  • 株式会社Speee(IT系企業)

    ■導入前の課題
    現在の弊社の事業の発展にはクラウドサービスの利用が欠かせないため、
    最低限のセキュリティをチェックした上で、SaaSの利用については各事業部で積極的に利用するように促進しています。

    ただ、利用サービスが増えて多種多様になるにつれ、アカウントの管理シートとサービスの状態を最新に保つことが困難になってきたことと、
    漏れが発生するなど大きな課題がありました。きっちり実施しようとすると工数がかかってしまうため、どのように管理するのがベストなのか本当に悩みました。


    ■選定基準
    まず何より、対応サービスの多さですね。IT管理クラウドは150以上のサービス(*インタビュー当時)に対応していて、
    毎週のように新しいサービスが追加されていることに驚いています。

    次に安定性です。一元管理により工数を削減するために導入したのに、障害対応で工数がかかってしまうと本末転倒になってしまうので、運用における安定性は非常に重視しています。その点、IT管理クラウドはドキュメントも充実しており、弊社からの問い合わせもかなりスピーディーに対応していただき、サポートの早さと手厚さにおける信頼度が高く、安心してお任せできました。


    ■導入後の状態
    アカウントの一元管理および、退職者のアラート機能をきっかけに確認する運用のフェーズが確立できていますので、
    期待どおり効果を上げています。

    また、IT管理クラウドは「API」が公開されていますので、
    APIを利用して取得した情報を社内の別の情報と突き合わせて二次利用できるところも便利ですね。

    また、ヘルプデスクでは、いつも退職のタイミングに、該当者の利用アカウントを管理表を見ながら、
    ひとつひとつ確認する作業をこれまで続けていました。
    社内で利用しているSaaSが網羅されているので、退職者のオフボーディングの工数削減につながりました。ユーザーを一人検索すれば、
    該当者が所有していたアカウントが一瞬でわかるので、アカウントの削除も画面から行えてありがたく感じています。
    削減できた時間を他のタスクに使える喜びを感じています。
  • ウォンテッドリー株式会社(IT系企業)

    ■導入前の課題
    便利で新しいサービスは積極的に使っていくということを会社の基本方針としており、
    SaaSの利用自体は、部門ごとにそれぞれ好きなものを利用しているが、逆に管理があまりできていませんでした。

    退職者のアカウントについては、「削除してくださいね」と伝えてはいますが、実際に削除されているかどうかのチェックまでは行き届いていませんでした。
    定期的にチェックを行ってはいますが、全部一括で確認するとなると漏れが発生してしまうという課題を感じていました。

    また、数ヶ月に一回程度の棚卸では、どうしても退職してからアカウントが削除されるまでタイムラグが発生しており、セキュリティリスクも懸念となっていました。


    ■選定基準
    出来るだけ運用のコストが少ないツール


    ■導入後の状態
    退職者のチェック、アカウント管理が効果的に運用可能で、シャドーITについても、
    Googleのアカウントを使ってログインしてる人については、そこでサービス連携の提案をしてくれるので、
    そこで「こういうツールを利用しているのか」と把握できるのもありがたかったです。

    連携できるサービスもどんどん増えて頼りになってます。今まで退職チェックリスト上で、
    手打ちで退職者アカウントのチェックを行っていましたが、IT管理クラウドの管理画面からすべて確認ができて、便利に利用できていますね。

マネーフォワード IT 管理クラウド

・連携可能SaaS数が170以上!APIが無いSaaSも自動連携 ・オフボーディングフロー機能により退職者アカウントを自動判定 ・Google Workspaceとの連携によりシャドーITを簡単に検知 様々なSaaSと連携するこ...

会社情報

企業名

マネーフォワードi株式会社

従業員数

非公開

住所

東京都港区芝浦 3-1-21 msb Tamachi ⽥町ステーションタワーS 21

この製品と同じカテゴリの製品

メタップスクラウド

ID管理システム

シングルサインオン(SSO)

SaaS管理ツール

SaaS管理に「可視化」「セキュリティ強化」「効率化」を! ◆可視化 SaaSの導入が増加し、全社の利用状況や、コストの把握が出来ていないといった課題に対して 従業員毎のSa...

ISM CloudOne

ウィルス対策・不正アクセス対策

セキュリティ診断サービス

IT資産管理システム

VPN不要で社内、社外を問わずテレワーク中のPCでも管理可能なクラウド型のIT資産管理ツールです。 クラウドでサービスを提供するため、サーバー導入費等の初期費用やメンテナンスの工数を...

Freshservice

IT資産管理システム

ITサービスを合理化し、従業員からの社内問い合わせを一元管理! 「freshservice」は、ソフトウェア・ハードウェアのIT資産管理に加え、 契約管理や在庫管理、社内のお問...

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら