シェアリングエコノミープラットフォーム構築一覧

シェアリングエコノミーとは、日本語では共有経済と訳され、モノ・スペース・スキル・お金・移動の5つのカテゴリに分けられます。遊休資産の有効活用、新たなビジネスを生み出す、必要な時だけ利用できるなど提供者、ユーザどちらにもメリットがあります。