RemoteLOCK OfficeUP -リモートロック オフィスアップ-

無料プラン

なし

初期費用

700,000円

費用

5,000円(税別)~/リーダー・月

製品の特徴 

①常時・一時利用も対応できるマルチ認証。(顔認証、QRコード、PINコード、ICカード、クラウド遠隔解錠)。②クラウド一元管理で専用PC, サーバのメンテナンス不要。③既存のセキュリティシステムに追加で導入可能。④自社システム・既存サービスと連携できる無料API公開のシステム拡張性。⑤最大10,000名/ドアの入室権限発行、同時認証。⑥停電によるネットワーク切断時も安心なメモリ搭載。

RemoteLOCK OfficeUPは、株式会社構造計画研究所が提供するアクセスコントロールのオープンプラットフォーム、及びハードウェア(電気錠のアクセスコントロールシステム)です。オフィス、レンタルスペース、店舗、ホテル、自治体など幅広い施設の入室管理に使われており、自動ドアやエレベータ、ゲート、駐車場のフラッパーゲートなどの電気錠ドアが、クラウドで一元管理できます。全世界70,000台の導入実績があります。

クラウド型のシステムのため、自社施設内に専用PCやサーバ設置が不要です。設備メンテナンスに人件費を割く必要がありません。また、施設のセキュリティ強化を求められた際に、既存の電気錠ドアや入退室管理システム、警備システムに後付けで導入できます。

また、1つのドアに10,000個の入室権限を保存できるため、従業員ごとに異なる入室権限をWebブラウザから付与できます。業者や一時利用者には、利用時間や曜日を制限し、セキュリティレベルを分けることもできます。履歴も記録され、個人の特定も可能です。

さらに、5つの認証方法があり、人やシーンに応じて使い分けることもできます。(例)社員や管理者など常時利用者にはICカード。来訪者や業者、学生など一時利用者には暗証番号・QRコード。管理者にはWebブラウザからリアルタイムで遠隔解錠・施錠。出入りの多いドアやゲートにはウォークスルーのスピードの顔認証。など

ネットワークが切断されても本体にメモリを持っているため、緊急時も安定して解錠することができます。1アカウントで100拠点以上を管理でき、無料で公開しているAPIで受付システムや自社業務システムとの連携もできる拡張性の高さも魅力の一つです。

RemoteLOCK OfficeUPは、ニューノーマル時代の新しいクラウド型入退室管理システムとして、"特定、不特定多数の人の出入りが多い施設"や、"遠隔・多拠点施設" の入退室管理に最適にシステムです。

こんな企業におすすめ

  • セキュリティレベルが異なる人が出入りする施設をお持ちの企業様
    10,000名以下の従業員の企業様
    ウォークスルーの顔認証を導入されたい企業様
    施設を貸し出したい企業様
    多拠点管理をされたい企業様
    顔認証、ICカード、QRコード、暗証番号、遠隔解錠など運用に合わせて認証方法を使い分けたい企業様

導入事例

  • 株式会社東急コミュニティー(不動産管理会社)

    【導入先】
    研修施設のエントランス

    【導入製品】
    RemoteLOCK OfficeUP+顔認証オプション

    【認証方法】
    社員(常時利用):顔認証
    ゲスト、研修者(一時利用):PINコード

    【課題】
    ・研修施設入口の自動ドアは閉め切り。社員は来訪者の入室毎に呼び出されて手間。
    ・社員はカードを忘れた場合、インターフォンで他の社員を呼び出して開ける必要があり手間。

    【解決】
    ・社員は顔認証で手ぶら入室の実現。
    ・来訪者は有効期限付きPINコードで適切に入室制限。

    画像やその他の事例はこちら↓
    https://remotelock.kke.co.jp/hubfs/lp/OfficeUP/remotelock-officeup_case-study.pdf
  • 株式会社カインズ(ホームセンターチェーン)

    【導入先】
    屋外施設(ドッグラン)

    【導入製品】
    RemoteLOCK OfficeUP

    【認証方法】
    利用者(一時利用):QRコード
    認証方法のバックアップ体制:PINコード

    【課題】
    ・店舗の外にドッグランがあるため、利用者の利用状況を把握できない
    ・施設の無断利用が多くトラブルが心配

    【解決】
    ・予約システムと連動のQRコード認証で、予約時間帯に合わせて適切に入室制限
    ・施設の無償提供により店舗への集客効果をUP

    画像やその他の事例はこちら↓
    https://remotelock.kke.co.jp/hubfs/lp/OfficeUP/remotelock-officeup_case-study.pdf
  • 画像やその他の事例はこちら: https://remotelock.kke.co.jp/hubfs/lp/OfficeUP/remotelock-officeup_case-study.pdf

    画像やその他の事例はこちら: https://remotelock.kke.co.jp/hubfs/lp/OfficeUP/remotelock-officeup_case-study.pdf

RemoteLOCK OfficeUP -リモートロッ...

①常時・一時利用も対応できるマルチ認証。(顔認証、QRコード、PINコード、ICカード、クラウド遠隔解錠)。②クラウド一元管理で専用PC, サーバのメンテナンス不要。③既存のセキュリティシステムに追加で導入可能。④自社システム・既存サ...

会社情報

企業名

株式会社構造計画研究所

従業員数

501~1000人

住所

東京都中野区本町4丁目38番13号 日本ホルスタイン会館内

この製品と同じカテゴリの製品

bitlock Starter Kit

労務・勤怠管理システム

ログ管理

入退室管理

『bitlock Starter Kit』は、スマートロックを含むパック製品で、スマートフォンやICカードで扉の開閉を制御・管理が可能です。 工事不要で、既存の扉に端末を貼り付けるだ...

合カギを管理するスマートロックシステム「カギカン」

ログ管理

入退室管理

「カギカン」はソニーグループのIoTベンチャー企業のQrio株式会社が提供するスマートロックを活用した法人向けカギ管理システムです。 管理コンソールからスマートフォンアプリに時間...

Akerun

入退室管理

QEEE編集部にて作成したAkerunのオリジナル資料です。 Akerunは、株式会社 Photosynth (フォトシンス)の提供するクラウド型の入退室管理システムです。高度な...

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら