SOFIT Super REALISM(ソフィットスーパーリアリズム)

無料プラン

--

初期費用

--円

費用

アプライアンス製品:400万円~(無料トライアルあり)

製品の特徴 

SOFIT Super REALISMは、DX推進のデジタライゼーションにおける「データ活用コストを10分の1にします」
DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するには、組織作り、基盤作り、計画作りが大切だと言われますが、3~5年という長い期間がかかるとデジタル化の流れに取り残され生き残れません。

●DX推進のステップは
 Step1 デジタイゼーション:アナログ情報のデジタル化を実施
 Step2 デジタライゼーション:データ活用して、業務効率化をはかり既存のビジネスを効率化
 Step3 ビジネスの変革や、新規ビジネスに取組む
という流れになっております。

●SOFIT Super REALISMとは
世界最高速レベルの処理速度を誇る国際特許取得済のインメモリ技術を用いたデータ処理システムで、「Cost:費用10分の1」「Speed:スピード100倍」「Usability:変化への適応力」をコンセプトに、Excelでは扱えないビッグデータから「必要な情報を抽出し、必要な形にする」データ活用(データ整備/加工)を瞬時に実現できます。

●主な使用用途として
・DX早期推進におけるデータの整備/加工処理
・DWH/BI用大福帳データ(データレイク)作成
・システムマイグレーションに伴うデータ移行
・レガシーマイグレーションのバッチ処理高速化 が挙げられます。

こんな企業におすすめ

  • DX推進の課題、プロトタイプはできても本格的に進まない
    業務システムのデータ、ユーザデータ、ビッグデータは、データ形式やコードがふぞろいなため、データ統合できない
  • データドリブンによりDX推進を進めたい
    様々なデータをすぐに活用できる基盤(データレイク)を構築し、DXをデータドリブンで推進したい
  • データ量が多いとExcel や Access では処理できない
    業務量の増加に伴い、データを分割して処理しているため、手間と時間がかかる
  • ツール開発が属人化している
    データ処理の設定内容を変更したいが、どこを修正すれば良いのか、作った人にしかわからない。一から作り直すには時間が必要
  • すべての機能をマイグレーションする費用と時間がない
    利用しているかわからない帳票出力機能も多々あるが、すべてをマイグレーションすると費用は高額になるうえ、予定期間内に終わらない
  • 経営や業務改善に活かせるデータを抽出したい
    様々な観点でのデータ分析を行いたいが、必要なデータの抽出、検証に時間がかかる
  • データ処理に時間がかかりすぎている
    データ量が増えると処理時間がかかりすぎ、夜間バッチ処理が始業までに終わらないなど、業務に支障をきたしている
  • データ移行を短期間で確実に終えたい
    DX推進に向けたマイグレーションに伴うデータ移行をスケジュール通り確実に終えなければならない

導入事例

  • ETLツールの課題解決

    ■課題と効果

    ・ETLツールはノンプログラミング言語なので誰もが簡単に利用できる点や、
     元データと最終アウトプットの項目の関係性が辿れることから
     将来的には内部統制監査で威力を発揮するであろうとの思いからETLツールを導入。
     ところが、プログラミングの記述ルールが思ったよりも複雑である点や、
     項目の関連性を辿りやすくするためには効率的なデータ処理フローを設計する必要があるが、
     そのためにかなりの熟練度が必要であり、たまに触れる程度では困難なため、
     機能変更や機能追加はSEに依頼せざるを得ない状況となった。

    → REALISMは、単純な操作画面ですぐに覚えることができ、
      何より圧倒的な処理速度で大容量データを処理可能となった。
  • 汎用機からオープン系へのマイグレーション(データ移行システムを短期間で超高速開発)

    ■課題と効果

    ・マイグレーションにおけるデータ移行システムを短期間で構築し、安心安全なデータ移行を実施したい。

    → システム構築期間は従来手法に比べ約4人月の工数削減を実現できた。
      「実データ全件」を使った処理構築を行うので、事前にイレギュラーデータも把握でき、
      その品質も非常に高いものとなった。
      10時間かかる処理を2時間で実施でき、
      本番移行時における不測の事態にも再処理時間を確保できる余裕を持ったスケジュールで臨めた。
  • データマイニングでのデータ準備効率化

    ■課題と解決

    ・取り扱うデータは整形されておらず、ノイズも多くデータマイニング前のデータ準備に時間がかかる。

    → 超高速処理で短期間でのデータ準備を実現し、本来時間をかけるべき仮設検証の時間を十分に確保できた。
  • DWHの課題解決

    ■課題と効果

    ・年々増加するデータ量に伴い、統合DWHのレスポンスが低下して思うように分析が捗らない
    ・DWHに持っていない業務システムのデータやオープンデータをデータ分析に加える必要がある
      
    → 負荷の高い処理や新たなデータが必要な処理をREALISMで実行することでDWH再構築の必要がなかった。

SOFIT Super REALISM(ソフィットスー...

SOFIT Super REALISMは、DX推進のデジタライゼーションにおける「データ活用コストを10分の1にします」 DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するには、組織作り、基盤作り、計画作りが大切だと言われますが、3...

会社情報

企業名

日本ソフト開発株式会社

従業員数

101~500人

住所

滋賀県米原市米原西23番地

この製品と同じカテゴリの製品

知能QAシステム

テキストマイニングツール

ETLツール

データマイニングツール

知能QAシステムは業務改善、顧客満足度向上を実現するツールです。 マニュアルとFAQリストを読み込ませるだけで常に最新の社内知識へのアクセスを実現できます。 知能QAシステムと...

SPSS Modeler

ETLツール

データマイニングツール

今日の企業活動において、データを基にした予測分析は、重要かつ不可欠なものとなっています。分析対象は、企業内に蓄積されたデータのみならず、Webサイト上など社外の公開データ、さらにはSN...

ASTERIA Warp

RPAツール

ETLツール

EAIツール

ノーコード技術で業務の自動化を支援! ASTERIA Warpは、『誰でも、もっと ASTERIA Warp』をコンセプトに、専門的な技術がなくても利用できる データ連携の基盤製品で...

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら