マーケティング・広報

【おすすめ9選】SNS運用代行のサービス・費用・検討ポイントを解説!

2021年10月07日

SNS運用代行
この記事では2件の資料
をダウンロードできます

SNSは企業とユーザーを繋ぐものであり、ブランディングに寄与する重要なツールです。しかし実際の運用となると、「どの様な投稿を行えば良いか分からない」「効果的な運用方法が分からない」などといった悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。また他にも、社内にSNS担当が居ない、多忙により手が回らないなどといった課題も考えられます。
今回の記事では、そのようなSNS運用の悩みをサポートしてくれるSNS運用代行サービスについて解説していきます。サービス範囲や費用感も解説しますので、自社で検討する際の参考としていただければと思います。

[PR] 注目のプロダクト

SNS運用代行サービスとは

SNS運用代行サービスとは、TwitterやInstagram、Facebookなどの企業のSNSアカウントを、企業の代わりに運用するサービスのことです。投稿内容の企画や代理投稿、コメント欄への返信、アクセス解析などSNSアカウント運用に必要なさまざまな業務の代行を依頼できます。

SNS運用代行サービスが実際に行う業務の範囲は、費用によって異なる傾向があります。そのため今回は、代行費用を以下の3つに区切り、一般的にどのような業務の代行を依頼できるかをご紹介します。

  • 〜10万円/月の相場のサービス範囲
  • 20〜30万円/月の相場のサービス範囲
  • 50万円/月〜の相場のサービス範囲

それでは順番に確認していきましょう。

〜10万円/月の相場のサービス範囲

相場 10万円以下/月
目的 ・予算を抑えたい
・定期的な作業のみ運用代行してほしい
対応範囲 投稿原稿作成投稿代行

SNS運用代行サービスの導入を検討中で「予算が少ない」「基本的な運用方法がわからない」「社内に運用してくれる人材がいない」などの悩みがあり、自社の広報活動に利用できるようにSNSを始めたいという企業におすすめです。
基本的な作業である「投稿作業」や「投稿原稿作成」は予算10万円以内で運用代行を依頼することができますので、コメント返信や効果測定などは自社で行います。

20〜30万円/月の相場のサービス範囲

相場 20万円〜30万円/月
目的 定期的な作業だけではなく、コメント返信も含めて運用代行してほしい
対応範囲 投稿原稿作成
投稿代行
コメント返信(リプライ)
簡単なレポーティング
定期ミーティング
目的設定・運用戦略立案

SNS運用代行会社は「投稿作業」「投稿原稿作成」などの定期的な作業に加えて、コメント返信や簡単なレポーティング、目的設定・運用戦略立案などのサービスを提供します。
また、月20〜30万円になり依頼コストは高くなりますが、コンテンツ文書作成やフォロワーとのコミュニケーション、PDCAの質が高くなりますので、より効果的にSNS運用が可能です。

50万円/月〜の相場のサービス範囲

相場 50万円〜/月
目的 SNS運用作業に加えて広告配信、効果測定なども含めてお願いしたい
対応範囲 ゼロから戦略策定
投稿原稿作成
投稿代行
コメント返信(リプライ)
広告運用広告結果のレポーティング
定期ミーティング

月50万円以上のSNS広告運用サービスはSNS運用の目的設定や戦略の策定などSNSの運用準備段階から運用企画、計画、改善、広告配信・解析などSNS運用に関わるすべての業務に対応しています。
そのため、予算が豊富にありSNS運用のノウハウを蓄積しつつ効果的な運用を行いたい企業におすすめです。

SNS運用代行サービスのメリット

SNS運用代行会社を利用するメリットは以下の3つです。

  • 効果が出やすい
  • 業務の負担軽減
  • 炎上リスクを抑えることができる

順番に説明します。

効果が出やすい

SNS運用代行会社を利用すればInstagram、Twitter、Facbookなどの運用について詳しい担当者に運用を任すことができ、SNS運用会社がこれまで実施してきた運用実績や事例を元に運用がなされるため、より効果的にSNS運用を行うことができます。

業務の負担軽減

SNS運用代行会社を利用すれば各種SNS運用コストを削減することができます。
仮に社内でSNS運用を行えるようにするとすれば、SNS運用に関する育成コストがかかり運用経験を積んで実績を出せるまでに時間を必要とします。
しかし、外部の専門企業に依頼すれば育成コストをかけずに、効果的なSNS運用をすぐに実施することができます。

炎上リスクを抑えることができる

SNS運用代行会社を利用すれば炎上リスクを抑えることができます。
SNSではユーザーとのコミュニケーションが重要で上手にコミュニケーションを取ることができれば、企業アカウントでもフォロワー数は増えていきます。
しかし、言葉遣いやモラルに反した発言をしてしまうと炎上してしまい、企業や商品ブランドにネガティブなイメージを持たれてしまいます。
そのため、コミュニケーションスキルに心配のある社員やSNSの使い方に慣れていない社員に任せるよりは、コミュニケーションや炎上について十分に理解している運用代行会社に任せる方が炎上リスクを回避できる可能性が高いです。

SNS運用代行サービスのデメリット

SNS運用代行会社を利用するデメリットは以下の3つです。

  • 自社運用よりもコストが掛かる
  • 自社にノウハウが溜まらない
  • 社内人材が育たない

順番に説明します。

自社運用よりもコストが掛かる

SNS運用代行会社を利用した場合、運用代行コストが発生してしまうので自社で運用するよりもコストがかかります。
社内にSNS運用を担当できる人材が在籍しており予算を抑えたいのであれば自社で運用することも一つの選択肢ですが、予算に余裕があり社内にSNS運用を担当できる人材がいないのであればSNS運用代行会社に依頼した方が良いでしょう。

自社にノウハウが溜まらない

SNS運用代行会社に依頼した場合、戦略立案、企画、計画、実行、改善などを外部の企業に任せることになりますので、SNS運用に関するノウハウを自社に蓄積することができません。
例えば、自社商品の写真Aと写真Bではどちらの方がユーザーからの反応が良いかを調べたいときに、ABテストを実行し写真Bの反応が良かった場合に、他の宣伝媒体でも反応の良かった写真Bを使用するなどといったマーケティングも実施することができません。

社内人材が育たない

SNS運用代行会社を利用すれば、社内の人材がSNSの企画や効果測定、クリエイティブの制作などを経験する機会を奪ってしまうため、社内人材が育たないというデメリットがあります。
将来的に自社で運用したいのであればSNS運用代行会社に任せる範囲などを調整して社内人材の育成に回しても良いでしょう。

SNS運用代行サービスの選び方

SNS運用代行サービスを選ぶときに押さえておきたいポイントは、以下の3つです。

  • 提供サービスとコストのバランス
  • 同業種の実績
  • 目標に対する実績の管理方法

順番に解説します。

提供サービスとコストのバランス

SNS運用代行会社ごとに対応できるサービスの範囲や費用が異なります。
例えば、「予算に余裕があるので効果を出せるようにSNS運用代行会社にSNS運用を全て任せたい」という企業の場合、戦略策定や定例会、広告配信など、どこまで企業が担当してくれるかを把握する必要があります。
事前にSNS運用代行会社が提供するサービス範囲を把握せずに運用を任せてしまうと、コストパフォーマンスが悪くなってしまいますので「代行してもらえる業務」と「代行してくれない業務」を明確にしておきましょう。

同業種の実績

SNS運用代行会社に実績があるかどうかは重要な判断材料になります。
例えば、「どのような企業への支援実績があるのか」「どの媒体でどれだけの成果を出したのか」などの実績を事前に把握する必要があります。
また、成果を出している企業は成果事例をホームページに載せていますので、競合他社や類似ジャンルの企業がどのような成果を残しているのかを確認するようにしましょう。

目標に対する実績の管理方法

SNS運用代行会社に依頼するときには、明確に目標を設定し、それに対する実績をレポートしてくれるところを選ぶことが大切です。

代行会社に依頼しても、ただ毎日投稿するだけであれば自社で運用するのと変わりません。効果を出すためには、目標を定めたうえで運用計画を立てることが大切です。

たとえば「半年で現在のフォロワー数の2倍」「SNSからの流入を20%増」など、具体的な数値目標としてKPIを設定したうえで、達成に向けて運用してくれるようなら安心して任せられます。

おすすめのSNS運用代行サービス

おすすめのSNS運用代行サービスは以下の通りです。

  • Social Media Lab
  • Front Support
  • GLOBAL LINK JAPAN
  • AnyPod
  • Gugenka
  • MARQS
  • ライトアップ
  • SAKIYOMI Agent
  • アプライド

順番に紹介します。

Social Media Lab

Social Media Lab_株式会社ガイアックス

Social Media Labは株式会社ガイアックスが提供する国内最大手のソーシャルメディアに特化した情報発信・研究メディアです。
提供サービスとしては、SNS運用代行やSNSコンサルティング、SNS広告運用代行など、SNSに特化した支援サービスが用意されています。
Social Media Labを運営するガイアックスではこれまでに講談社、朝日生命、ゼクシィ、楽天カード、auスマートパスなど累計1,000社以上の企業へのサポート実績があり、企業アカウントの運用、UGCの活用、ソーシャルリスニングなどのサービスを幅広く提供しています。
ガイアックスのSNS運用代行サービスの詳細はこちらでご確認ください。

会社名 株式会社ガイアックス
住所 東京都千代田区平河町2丁目5−3 Nagatacho GRID
連絡先 03-5759-0300(代表)
料金 お問い合わせ

Front Support

Front Support_アディッシュ株式会社

Front Supportはアディッシュ株式会社が運営する「SNS運用代行」と「Web接客」に特化した支援サービスです。
提供しているサービスは、SNSアカウント開設、ファンとのコミュニケーション、投稿、コメント返信、サービス認知・拡散、キャンペーン運用、SNS広告の運用などがあります。
過去には、宿泊サービスで「ツイートインプレッションが462.0%UP、プロフィールへのアクセスも66.9%UP」という実績があり、ゲームアプリでは「月間PVが約240万から約590万PVにUP」などの実績を残しています。
Front SupportのSNS運用代行サービスの詳細はこちらでご確認ください。

会社名 アディッシュ株式会社
住所 東京都品川区西五反田1-21-8 ヒューリック五反田山手通ビル8階
連絡先 03-5759-0334(代表)
料金 お問い合わせ

GLOBAL LINK JAPAN

GLOBAL LINK JAPAN_株式会社グローバルリンクジャパン

GLOBAL LINK JAPANは東京に本社と大阪に支社を構えるソーシャルメディア支援会社です。
SNS運用代行サービスではInstagram、YouTube、Facebook、LINE、Wechat、WeiboなどのSNS運用代行サービスを提供しており、これまでに資生堂、パナソニック、JTB、マイナビ、ビックカメラ、三井住友銀行、docomoなどのへの導入実績があります。
GLOBAL LINK JAPANのSNS運用代行サービスの詳細はこちらでご確認ください。

会社名 株式会社グローバルリンクジャパン
住所 東京本社
東京都中央区八丁堀4-9-10八丁堀フロンティアビル5F
大阪支社〒564-0063 大阪府吹田市江坂町1-23-28 江坂南口ビル
連絡先 東京本社:050-3488-2359
大阪支社:06-6821-3249
料金 お問い合わせ

株式会社Tenmu SNS運用代行

SNS運用代行_株式会社 Tenmu

株式会社TenmuのSNS運用代行サービスは、クライアント毎にカスタマイズした明確な成長戦略案、高品質なクリエイティブ、徹底した分析を強みとしています。

質の高いフォロワーを増やすために、根拠のある分析を行いたい、クオリティの高いクリエイティブを制作したい企業に向いています。

また、Instagramに特化した分析代行サービスもスタートしました。
詳細はこちらからご確認ください。

会社名 株式会社 Tenmu
住所 東京都中野区鷺宮2-12-13
連絡先 03-6908-0318
料金 ・BASIC
35万円/月
・BUSINESS
45万円/月
・ADVANCE
65万円/月
お問い合わせ

Gugenka

Gugenka_株式会社Gugenka

Gugenkaはウェブサイト制作や動画制作、AR・VR開発、SNS運用代行などのサービスを提供しています。

SNS運営代行サービスではTwitter・Instagram・Facebook・YouTube・LINEなどの運用代行・分析・広告運用に対応しており、今までにソニーピクチャーズ、フレッシュネスバーガー、メガバス、ハイセンスジャパンなどの企業への支援実績があります。

GugenkaのSNS運用代行サービスの詳細はこちらでご確認ください。

会社名 株式会社Gugenka
住所 東京都中央区日本橋浜町3-16-9中央ビルディング2F
連絡先 03-5642-5005
料金 基本料金:月額/120,000円 (税別) +プラン料金
用途に合わせてプランA~Cまで有り
詳しくは公式ページをご参照ください

MARQS

MARQS_MARQS株式会社

MARQSを運営するMARQS株式会社はホームページの運用・代行、SNSの運用代行、SEOやアクセス解析などのコンサルティングサービスなどを提供しています。SNS運用代行サービスではInstagram、Twitter、Facebook、LINEなどの運用をワンストップ対応することにより、低コストな価格設定を実現させています。MARQSのSNS運用代行サービスの詳細はこちらでご確認ください。

会社名 MARQS株式会社
住所 大阪府大阪市中央区南船場4丁目7-15TAG南船場ビル201
連絡先 06-6241-4419
料金 お問い合わせ

ライトアップ

ライトアップ_株式会社ライトアップ

ライトアップを運営するライトアップ株式会社はメールマーケティング支援、webコンテンツ企画制作、SNS(ソーシャル)運用代行、web制作・CMS構築のサービスを提供しています。
Facebook、Twitter、Instagram、LINEなどのSNS媒体に対応して運用代行サービスを提供しており、投稿コンテンツの企画・制作・運用、コメント返信対応・監視、レポーティングなど幅広く支援が可能です。
また、過去にはライトアップが支援した企業アカウントのファン・フォロワー数を合わせて1200万人まで育てた実績があります。
ライトアップのSNS運用代行サービスの詳細はこちらでご確認ください。

会社名 株式会社ライトアップ
住所 東京都渋谷区渋谷2-15-1 渋谷クロスタワー32F
連絡先 03-5784-0700(代表)
料金 Twitter運用代行:50,000円/月10本~
Facebook運用代行:50,000円/月10本~
Instgram運用代行:50,000円/月10本~
LINE運用代行:30,000円/月3本~
SNS広告運用代行サービス:月額100,000円/~
新規SNSアカウント立ち上げ・運用:月額200,000円/~
UGC(一般ユーザーSNS投稿)施策 運用支援 :月額100,000円/~
お問い合わせ

SAKIYOMI Agent

SAKIYOMI Agent_株式会社SAKIYOMI

株式会社SAKIYOMIが運営するSAKIYOMI Agentは、Instagramの運用に特化した運用支援サービスです。
フォロワーや売り上げの増加を目的とし、アルゴリズムを把握した運用代行を強みとしています。Instagram運用代行の実績が100社以上もあるため、成果の再現性が高い運用代行を実現します。
またSAKIYOMIと連携しているインフルエンサーは3,000名以上にのぼり、低コストでの運用サポートが可能です。

会社名 株式会社SAKIYOMI
住所 大阪府大阪市北区茶屋町6-23 茶屋町Tatsumiビル 705
料金 初期設計費:無料
運用費:30万円~/月

【6ヶ月で1万フォロワーを実現】Instagram運用支援サービスをチェック

新チャネルを開拓し売上を拡大しませんか? Instagramアカウントの運用にお悩みのご担当者様必見! アルゴリズムの理解とユーザーインサイトを中心とした最適なInstagram運用をご提案致します。 【BtoC企業が抱える課題】 ・広告依存の集客から抜け出した...

アプライド

アプライド_アプライド株式会社

アプライドは、法人向けに特化したSNS運用代行サービスです。運営会社のアプライド株式会社は、これまで100社以上のSNSマーケティングを行ってきた実績を持っています。また情報誌の制作を行ってきた知見を活かした写真や、短い文章での訴求力に強みを持っています。サービスは、複数のSNSの運用代行や投稿文章の校正、分析レポートなどに対応しています。

企業ブランディングや人材採用活動、製品やサービスの紹介・認知に活用したい方におすすめのサービスです。

会社名 アプライド株式会社
住所 福岡市博多区東比恵3-3-1
料金 週1回配信シンプルプラン:3ヶ月契約120,000円/月(税抜)
5日に1回配信スタンダードプラン:3ヶ月200,000円/月(税抜)
週2回以上配信プレミアムプラン:3ヶ月250,000円/月(税抜)

SNS運用代行サービスをチェック

対面での接触や行動が制限される現在のコロナ禍の環境の中、PCやスマートフォンの利用機会は大幅に増え、特にSNSでの情報の交換・取得は、幅広い年齢層において日常生活に欠かすことができない重要なツールとなっています。ですが、いざビジネスで活用するとなると、SNSの運用や管理に多...

SNS運用における注意点

SNSを運用をする際には、以下の3点に注意しましょう。

  • SNSアカウントの運用目的と方針を明確にする
  • 適切なSNSを検討する
  • 炎上対策を行う

順番にご説明します。

SNSアカウントの運用目的と方針を明確にする

SNS運用は、自社で行う場合でも社員の手間と時間というコストが発生します。代行会社に依頼するならなおさらです。コストを投じてまでSNSアカウントを運用したい目的は、方針とともに明確化しておきましょう。

SNSアカウントの運用目的は、ブランディングや自社サイトへの流入、顧客ロイヤリティの育成など企業によってさまざまです。どのようなターゲット層に、何をアピールするのかを明確にしておけば、運用方針が定まり投稿内容に一貫性が生まれます。

適切なSNSを検討する

SNSにはFacebookやTwitter、Instagramなど多くの種類がありますが、それぞれユーザー層が異なります。

例えばFacebookは実名登録が基本となるのでターゲティング精度が高く、広告を併用して運用するのに適しています。対してTwitterは匿名で自由な発言を楽しむユーザーが多く、速報性と拡散性が高いことから、情報発信に向いています。

一方Instagramは画像や動画がメインとなり、写真の質を重視するユーザーが多いため、情報提供よりはブランディングに活用するのがいいでしょう。

このようにSNSはそれぞれ特徴が異なるので、先に設定した目的にあったプラットフォームを選ぶことが大切です。

あわせて読みたい

SNSの宣伝効果を高める3つのポイントとは?各種SNS...

SNSは企業や商品・サービスの宣伝において重要な立ち位置にあるツールです。今ではユーザーの生活にも浸透し、あらゆる企業がSNSを効果的に活用しています。しかし同時に「思ったよりも効果が出ない」「どのSNSを利用すれば良いか分からない」という方...

炎上対策を行う

SNSを運用するのは、常に炎上トラブルの危険性があることを認識し、対策を立てておくことが重要です。

SNSアカウント運用者の不適切な発言や誤爆により炎上すると、クレームや批判が殺到し、企業のブランドイメージを損ねてしまいます。場合によっては信用が失墜し、経営にも影響が出かねません。

炎上を防ぐためには、投稿前には第三者のチェックと承認を得るシステムにする、運用は一人に任せず複数で行う、センシティブな話題は避けるといったルール作りが必須です。

自社での運用に不安な場合は、本記事でご紹介したSNS運用代行サービスの利用を検討するのがおすすめです。

あわせて読みたい

SNSでの炎上対策を徹底解説!【発生時の対応方法・防止対策】

SNSがもたらすビジネスへのメリットは大きいですが、注意しなければならないのが炎上のリスクです。もしも問題が発生しSNSによって拡散されてしまった場合、企業・ブランドイメージへの重大な悪影響だけでなく、実際の業績にも響いてきてしまうでしょう。...

まとめ

「SNS運用代行サービスの特徴」「おすすめのSNS運用代行サービス」について紹介しましたが参考にしていただけましたでしょうか。
SNS運用代行会社を利用すれば「委託コストが発生する」「ノウハウ・データが蓄積できない」「人材が育たない」一方で、「効果的な運用」「業務負担の軽減」「炎上リスクの回避」などのメリットがあり、企業は各社の料金プランや強み、実績を把握した上で相性の良い事業者に依頼することが重要です。
現在、事業者選びで悩まれている企業は自社の課題を明確にし、まずは問い合わせをしてみるところから始めてみてはどうでしょうか。

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEは、INTLOOP株式会社が運営するビジネスの総合ポータルサイトです。 多様なコンサルティング実績をもつINTLOOPのノウハウを生かし、あらゆる経営課題・ビジネスの悩みを解決するサービスを提供しています。 QEEEマガジンでは、マーケター・人事・エンジニア・営業などの各職種に向けて、SaaS比較やビジネスコラムなどのコンテンツを各領域のスペシャリストが発信しています。

投稿一覧へ
記事で紹介されている2件の資料を無料ダウンロード

他サービスはこちら