コラム

5Gのメリット・デメリットとは?ビジネスにもたらす影響も徹底解説!

2020年05月13日

5G高速通信大容量通信

3月末、5Gの商用利用が主要3キャリアから発表されました。大容量の通信を高速・低遅延で可能とすると言われる5Gですが、5Gの普及はビジネスにどのような影響をもたらすのでしょうか。
今回の記事では5Gのメリット・デメリットを再確認し、今後のビジネスの展開を考察していきます。

5Gとは

5Gのメリット

日本でも2020年春から順次サービス開始した5Gには、どのようなメリットがあるのでしょうか?「生活様式が変わる」「ビジネスに大きな影響がある」と言われていますが、いまだ範囲が限定的なこともあり、効果を実感できていない方も少なくありません。
5Gの特徴として挙げられるのは、以下の3点です。

  • 大容量での高速通信が可能
  • 通信の遅延が発生しにくい
  • 多数の端末に同時に接続が可能


これらの特徴を生かし、通信設備の進化や最新技術の実装を実現するのが、5Gのメリットといえます。従来の4Gと比較しながら、それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

大容量通信が可能

圧倒的大容量による通信が、5Gのメリットです。
4Gの通信速度は最大でも1Gbps程度ですが、5Gは100Gbpsの無線伝送を成功させています。単純計算すると、4Gの約100倍です。利用する周波数帯域幅の拡大や、アンテナ技術の進歩により実現しました。今まで4Gが10秒必要だったデータ通信を、0.1秒以下まで短縮できます。スマートフォンやタブレットによるインターネット使用が快適となり、4Gでは容量や速度の限界で実装が難しかった下記コンテンツも、大々的に利用可能です。

  • 4Kや8Kといった高緻細の動画配信
  • VRやARを用いたサービスの開発
  • 現実世界と仮想空間を融合させるxRライブの実現


4Gでもこれらのサービスを利用できますが、容量の制約により限定的になってしまいます。社会に新たな変革をもたらす最新技術は、5Gの存在があって初めて導入できると言えるでしょう。

通信の遅延が発生しにくい

通信遅延の少なさも、5Gのメリットといえます。
4Gの場合、データ通信時に10ms(0.01秒)の遅延が発生すると言われていますが、5Gは1ms(0,0001秒)です。遅延が減少するほどリアルタイムでのデータ送受信が可能なので、音や画像のずれがなくなります。無線インターフェースの改善や、新しいアーキテクチャの導入により実現しました。
このメリットは、「精度の高さが求められる作業」で有利です。特にビジネス分野で5Gを活用する際に重要で、活用が期待される分野が複数存在します。

  • 離れた場所にいる医者が患者に医療行為を行う遠隔医療
  • コンピューターの遠隔操作で自動車を操縦する自動運転


これらの作業は、人命を預かるだけでなく、わずかな遅れが事故につながりため、映像やデータの送受信に高精細が求められます。5Gの低遅延があって、初めて実用化可能と言えるでしょう。

多数の端末に同時に接続が可能

端末の同時接続数でも、5Gが優れています。
4Gの端末接続範囲数は10万デバイス/㎢ですが、5Gは100万デバイス/㎢です。デバイスと通信局との通信をシンプルにする「グラント・フリー」や用途に応じてネットワークを分割する「ネットワークスライシング」技術により、4Gと比べ大幅な増加を実現しました。
同時接続範囲数の増加は、以下の分野で活用が期待されます。

  • 多くの人間が一度の会場に集うエンターテイメント分野
  • 身の回りの機器をネットワークに接続するIoT分野


特に、IoT分野での活用が顕著です。スマートフォンやPCだけでなく、自動車や家電といったあらゆる機器がネットワークに接続するIoTを実現するには、同時接続数の増加が不可欠となります。

5Gのデメリット

ビジネスや生活に欠かせない存在となる5Gですが、デメリットも存在します。5Gをビジネス分野で活用したい場合は、デメリットも把握しておきましょう。
現時点で指摘されている5Gのデメリットは、以下の2点です。

  • セキュリティリスクの増大
  • 対応端末の少なさ(2020年時点)


セキュリティリスクは特に重大な問題で、導入する際は必ず意識する必要があります。詳しく解説しますので、適切な5G運用のヒントとしてください。

セキュリティリスクが高い

通信設備の構造変化により、セキュリティリスクが高まるという問題が存在します。
5Gは回線設備の設置や維持を不要とするため、ネットワークのモバイル化が可能です。また、IoTによって、ネットワークに接続する機器も多様化が進むでしょう。これにより、従来のシステムでは対応できない、新たなセキュリティリスクが発生すると予測されています。

  • サイバー攻撃のターゲットが増加する
  • ネットワークのトラフィック量増加で窃取される情報も増える
  • 通信規格にセキュリティ上の欠陥があるとも指摘されている


これらのリスクに対応するため、セキュリティシステムを進化する必要があると言えるでしょう。

  • AI(人口知能)と組み合わせてセキュリティ業務を自動化
  • IoT機器を守るセキュリティソリューションを開発
  • 著作権や個人情報を守るための法律整備


5Gをビジネスに導入する際は、セキュリティシステムの変化にも注目してください。

対応端末を購入しなければならない

現時点で対応端末が少ないのも、5Gのデメリットです。
5Gは、4G利用を前提とする従来の端末では利用できず、対応する専用端末を購入しなければなりません。しかし、世界市場に出回っている端末は数が少なく、日本での普及は特に遅れています。例えば、5G対応スマートフォンは2019年から続々と登場しましたが、日本での発売は2020年からと、1年ほど遅れているのです。
端末がなければ5Gを利用したビジネスも発展しないため、日本での普及率を慎重に見守る必要があります。通信事業者のソフトバンクは、5Gの人口カバー率を2021年末までに90%まで展開すると発表しており、日本での本格的なビジネス開始は2022年までもつれこんでも不思議ではありません。

参考:ソフトバンクの5G、2021年末に人口カバー率90%超展開へ
https://japanese.engadget.com/2019/04/10/5g-2021-90/

5Gがもたらすビジネスへの影響とは

社会に大きなインパクトを与える5Gですが、短期間で大きな影響を与えるのではなく、長い時間をかけて地道な変化が起こると予想されています。ビジネス面でも同様です。

  • 「BtoBtoX」という、新たな事業形態が誕生する
  • さまざまな分野に導入され、新たな産業が誕生する


5Gがビジネスに与える具体的な影響を解説しますので、将来的なビジネスプランの構築に役立てて下さい。

BtoBtoXがキーワードに

5Gにより、通信事業者では「BtoBtoX」がビジネスのキーワードとなります。
BtoBtoXとは、通信事業者が「センターB」と呼ばれる企業に通信設備を提供し、センターBは提供された通信設備をもとにサービスを生み出し、それをエンドユーザーに販売する形態です。エンドユーザーのビッグデータを保有しているセンターB、データの活用やデジタル化に長けている通信事業社がタッグを組み、今までになかった新しいサービスを生み出します。NTTがBtoBtoX形態のプロジェクトを2021年までに100個まで増やすと発表するなど、多くの通信事業者が実装に向け乗り出しています。
5Gでビジネスを展開する際は、このBtoBtoXが基本となるでしょう。エンドユーザーのデータを収集することが、5G時代を生き抜くカギとなります。

参考:NTTの将来の柱、ビジネスモデル「BtoBtoX」成長の道筋
https://newswitch.jp/p/16068?from=np

具体的な導入例

5Gの具体的な導入例も見ていきましょう。現在研究が急ピッチで進められ、ビジネスの現場に投入される日も近いとされている分野は、以下の3つです。

  • 自動運転技術
  • 遠隔医療
  • より進化したエンターテイメント


いずれも、5Gの登場によって、実用段階に達した技術です。具体的な状況と、今後の展望を確認しましょう。

自動運転技術への導入

自動車関連会社がしのぎを削って開発して自動運転技術は、5Gの活用が必須な技術です。自動運転車に搭載されたセンサーが情報を収集・分析し、フィードバックを返すことで制御が行われます。大量のデータを処理する必要があるだけでなく、遅延の無い精密な動作が必要です。5Gの性能をフルに活用する技術です。
ただし、アルゴリズムの成熟や安全性確保のため、完全自動運転が実現するのは2030年代からとなります。万が一の事故を防ぐため、搭乗者に車間距離や後方からくる車両の情報を提供する技術も研究中です。

遠隔医療への導入

自動運転と並び研究が進んでいるのが遠隔医療です。遠隔地に居住している方でも、都市部の大学病院に在籍する医師の診察を受けられます。
インターネットを利用した遠隔診療はすでに行われていましたが、画像の不鮮明や通信の遅延といった問題を抱えていました。5Gの登場により、4Kカメラで撮影した高精細な映像を、遠く離れた大学病院に遅延なく送信可能です。
日本は少子高齢化による医療機関の偏在が問題となっており、地方在住者は数時間けて都市部の病院に通院する必要がありました。都市部の病院と地方の診療所が5G通信で連携することにより、患者の負担を軽減するだけでなく、地方医師のスキルアップも見込めます。

エンターテインメント業界への導入

5Gは、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)と組み合わせて、エンターテイメントの臨場感をさらに高める手段としても期待されています。VRやARは大容量のデータ通信が必要なため、安定した利用には5Gが必須です。
通信キャリアの一角であるソフトバンク株式会社は、5G時代の新たな視聴体験をスマートフォンやタブレットで楽しめるサービス「5G LAB」を、2020年3月27日から提供開始しました。ARを体験できる「ARSQUARE」、VRを体験できる「VR SQUARE」、部隊やライブの映像をさまざまな角度から楽しめる「FR SQUARE」が利用可能です。
そのほかにもコンサートやスポーツ観戦のマルチビューイング化も検討されており、今後の展開は期待されます。

まとめ

今回は、5Gのメリットやビジネスに与える影響について解説しました。日本は「5G元年」とされた2019年は他国に遅れを取りましたが、2020年から本格的にサービスを開始しつつあります。対応する機器も増加しており、5Gを利用した商品やサービスの開発が急務です。本記事の内容をもとに、5Gをビジネスに実装し、新時代の先駆けとなる事業を展開しましょう。

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEmagazineはマーケター、人事、エンジニア、営業企画などの企画者に役立つコンテンツをそれぞれ領域のスペシャリストが発信していきます。

投稿一覧へ

他サービスはこちら