用語集

AR(エーアール)

2020年03月11日

日本語では「拡張現実」 と呼ばれ、現実世界の写真や映像上などに、架空のデジタル情報を重ね合わせることです。例えば、現実の部屋にスマートフォンなどを通じて現実にはいない犬を映し出す技術がこれにあたります。

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEmagazineはマーケター、人事、エンジニア、営業企画などの企画者に役立つコンテンツをそれぞれ領域のスペシャリストが発信していきます。

投稿一覧へ

他サービスはこちら