ソリューション

無料提供を開始「クラウド請求書受領サービスBill One」従業員100名以下の企業向け

2021年05月28日

請求書クラウドサービス電子請求書

Sansan株式会社は、クラウド請求書受領サービス「Bill One」を、従業員100名以下の企業向けに無料提供するプラン「スモールビジネスプラン」を開始しました。

スモールビジネスプランの提供により、従業員100名以下の事業者は、「Bill One」の請求書のオンライン受領などの基本機能を無料で活用することができ、請求書に関する業務をデジタル移行することができます。これにより、国内の99.7%(※1)を占める中小・小規模事業者の、請求書に関する業務のDXおよびテレワークの普及を強く推進します。

■クラウド請求書受領サービス「Bill One」とは

Bill Oneは、Sansan株式会社が2020年5月から提供を開始したクラウド請求書受領サービスです。請求書の受け取りから一元管理まで、請求書に関する業務のデジタル化・効率化を実現します。

■スモールビジネスプランの詳細について

スモールビジネスプランは、Bill Oneの基本機能を、従業員規模が100名以下の企業を対象に、初期費用および、月額費用を無料で提供するプランです。提供される機能は通常のBill Oneと同等のものを提供します。

Sansan株式会社の調査によると、企業が月に受け取る請求書の枚数は平均96.1枚(※2)ということがわかりました。この枚数をカバーするべく、スモールビジネスプランで受け取れる請求書の枚数は、1ヶ月100件までと設定しています。また、スモールビジネスプランでは、Bill One上で閲覧できる過去のオンライン受領した請求書の閲覧上限に制限があります。

スモールビジネスプランで、無料で提供される主な機能

<受け取り業務>

  • 請求書の99.9%の精度でのデータ化
  • 紙の請求書のスキャン代行
  • Bill Oneによる代理受領
  • 受領通知およびリマインド
  • 請求書の一覧表示・オンライン管理
  • ユニークなURLと番号を発行

<申請・承認業務>

  • 請求書のステータス管理
  • 請求書情報のコメントやメモの付与
  • 変更履歴・対応履歴の保存
  • 社内アナウンス・リマインド
  • 請求書以外のファイル添付

<保管・経理業務>

  • 請求書の検索
  • CSVファイルでの出力
  • 印刷・ダウンロード

有料で提供されるBill Oneと異なる制限

  • 無料で受け取れる請求書 100件/月
  • 閲覧できる請求書 最新500件

なお、スモールビジネスプランの詳細やお申し込みはこちらを参照ください。
https://bill-one.com/lp/sbp_sp/

https://app.bill-one.com/sign-up-as-recipient

※1:総務省統計局「2016年経済センサス活動調査」より

※2 :Sansan株式会社「請求書に関する業務の実態調査2021」

============

Sansan株式会社(2021年5月27日)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000174.000049627.html

https://jp.corp-sansan.com/news/2021/billone_sbp.html

関連記事

クラウド請求書発行システムでデジタル化推進|おすすめシステム15選を比較

請求書を電子化するメリットと注意点、電子帳簿保存法との関係とは?

【2021年版】名刺管理ツール21選徹底比較|名刺から人脈形成!

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEは、INTLOOP株式会社が運営するビジネスの総合ポータルサイトです。 多様なコンサルティング実績をもつINTLOOPのノウハウを生かし、あらゆる経営課題・ビジネスの悩みを解決するサービスを提供しています。 QEEEマガジンでは、マーケター・人事・エンジニア・営業などの各職種に向けて、SaaS比較やビジネスコラムなどのコンテンツを各領域のスペシャリストが発信しています。

投稿一覧へ

関連記事

他サービスはこちら