ニュース

ガートナー、デジタル・ワークプレースに関する利用調査を実施 日本は他国に遅れを取る結果に

2021年05月10日

デジタルトランスフォーメーション(DX)

リサーチ&アドバイザリ企業であるガートナー ジャパン株式会社が「Gartner 2021 Digital Worker Experience Survey」を発表しました。
「Gartner 2021 Digital Worker Experience Survey」は、世界主要9カ国(米国、英国、ドイツ、フランス、日本、中国、インド、シンガポール、オーストラリア)の従業員数100名以上の組織に属する10,080人の正社員を対象に行われた、デジタル・ワークプレースに関する調査です。
調査結果では、日本の従業員はデジタル・スキルの自己評価、ワークプレース系アプリケーション(※)の活用率、個人の生産性に関する自己評価が最低レベルだったことが判明しました。他国では、新型コロナウイルス感染症の影響からワークプレース系アプリケーションの活用が加速したことで1人1人の生産性が向上したというような傾向にある中、日本ではデジタルツールの利活用が進まずに生産性が落ち込んでいる傾向にあると言えます。

世界的にはデジタル・テクノロジーの活用が益々進むことが予測されるため、「日本の経営者は危機感をもって早急に従業員のデジタル・スキル向上に注力すべきだ」とガートナー・ジャパンでアナリスト、バイス プレジデントを勤める志賀 嘉津士氏は述べています。

※ワークプレース系アプリケーションに含まれるのは以下の4つのツールです。

  • コラボレーション・ツール
  • 情報共有ツール (クラウド・ストレージ)
  • トレーニング/ラーニング・ツール
  • リアルタイム・モバイル・メッセージング

参考:ガートナー、世界の主要9カ国の従業員を対象としたデジタル・ワークプレースに関する調査結果を発表

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEmagazineはマーケター、人事、エンジニア、営業企画などの企画者に役立つコンテンツをそれぞれ領域のスペシャリストが発信していきます。

投稿一覧へ

関連記事

他サービスはこちら