営業・販売

3月飲食店売上はコロナ前の2019年比で60%|POS+(ポスタス)

2021年04月22日

POSシステム

クラウド型モPOSレジ「POS+(ポスタス)」を提供するポスタス株式会社は、3月度の飲食店売上などのレポートを公表しました。コロナ前/コロナ後に対しての動向が確認できるよう、2019年比と2020年比の2種類のデータが掲載されています。

【2021年4月】POSデータ定期レポート| ポスタス株式会社

https://www.postas.co.jp/news/2021/3811/index.html

ポスタスのレポートによると、全国の飲食店の2021年3月の売上は、2020年比で85.2%、コロナ前の2019年比では59.5%で、6割ほどの水準にとどまっています。

同客数は、2020年比84.7%、2019年比60.3%で、売上と同様の傾向です。

2020年3月は首都圏の緊急事態宣言が継続、2019年3月は緊急事態宣言はまだ発令されていませんでした。

また、「軽食」や「専門料理」「居酒屋」といった業態別の売上月次推移では、居酒屋以外の業態は90%台まで回復しているのに対し、居酒屋は75.3%にとどまっています。

============

ポスタス株式会社プレスリリース(2021年4月22日)より

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000056468.html

関連する記事

POSシステムとは?店舗経営に役立つ機能と利用メリット、システム選定ポイント

販売管理システムの比較ポイントとは?クラウド型などおすすめシステム11選を紹介

関連する製品

POSシステム 販売管理システム BIツール POS+(ポスタス)

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEmagazineはマーケター、人事、エンジニア、営業企画などの企画者に役立つコンテンツをそれぞれ領域のスペシャリストが発信していきます。

投稿一覧へ

関連記事

他サービスはこちら