マーケティング・広報

オンライン接客の新プロダクト「スマートフォン版 KARTE GAHTER」を開発 ゴールドウィン展開の全国13店舗で導入開始

2021年04月12日

オムニチャネルオンライン接客
この記事では1件の資料
をダウンロードできます

顧客体験プラットフォームである「KARTE」を提供する株式会社プレイドが、会話の文脈を読み取るオフラインの接客をオンラインでも実現可能にする「KARTE GATHER」のスマートフォン版を開発しました。これに伴い、株式会社ゴールドウィンがザ・ノース・フェイス キッズ 原宿を中心とする全国13店舗でスマートフォン版「KARTE GATHER」の運用を開始します。

■KARTE GATHERとは
KARTE GATHERは、キャラクター型のデバイスを介して店舗と顧客を繋げ、実際にコミュニケーションを取りながらオンライン接客を行うツールとなります。KARTEの「顧客一人ひとりの行動をリアルタイムに可視化し、その人に合わせたコミュニケーションを実現する」という思想を受け継ぎながら、新たなプロダクトとして2020年8月に発表されました。

引用:KARTEの新プロダクト「KARTE GATHER」発表 〜オモチャを介したオンライン接客で、 スタッフの力を引き出し店舗に新たな価値をもたらす〜 | 株式会社プレイド

上記のイメージムービーのように、顧客はオンラインショッピングを楽しむ延長線上で店舗スタッフの接客を受けることが可能です。店舗側としても、データとして残っている購入履歴や商品閲覧履歴を確認しながらより顧客の好みに寄り添った接客を実現できるため、双方にメリットのある新たな顧客体験と言えます。

今回発表となったスマートフォン版「 KARTE GATHER」では、設計思想や技術はそのまま受け継ぎ、コミュニケーションに使用するデバイスがスマートフォンやタブレットに置き換わります。店舗の既存のリソースを活用してコストを抑えながらオムニチャネルを意識した接客を実現していくとのことです。

KARTE GATHERに関しましては、専用のお問い合わせフォームからお問い合わせください。
「KARTE GATHER」お問い合わせ | CX(顧客体験)プラットフォーム KARTE(カルテ)



参考:
データで店舗スタッフの能力を引き出し、顧客の文脈を捉えたオンライン接客を実現できるスマートフォン版「KARTE GATHER」を開発。ザ・ノース・フェイス キッズ 原宿はじめゴールドウインが展開する全国13店舗で活用開始 | 株式会社プレイド
KARTEの新プロダクト「KARTE GATHER」発表 〜オモチャを介したオンライン接客で、 スタッフの力を引き出し店舗に新たな価値をもたらす〜 | 株式会社プレイド
オンライン接客サービス|スポーツウェア/アウトドアウェア通販のGOLDWIN WEB STORE

KARTEをチェック

「KARTE」は、Webサイトやスマートフォンアプリを利用するお客さまの行動をリアルタイムに解析して一人一人可視化し、個々のお客さまにあわせた自由なコミュニケーションをワンストップで実現するCX(顧客体験)プラットフォームです。2015年3月にサービスを開始しました。 ...

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEmagazineはマーケター、人事、エンジニア、営業企画などの企画者に役立つコンテンツをそれぞれ領域のスペシャリストが発信していきます。

投稿一覧へ
記事で紹介されている1件の資料を無料ダウンロード

関連記事

他サービスはこちら