ソリューション

観光DXで周遊促進・消費創出、クーポンつき音声ガイドアプリの実証実験

2021年03月25日

音声市場音声

コロナ禍で移動が制限されるなか、観光業においては、県内や地元などに出かけるマイクロツーリズムが注目されています。

マイクロツーリズムでは、地元の地域や施設の魅力の再発見がカギの一つですが、ボランティアガイドなどを依頼して解説を聞くよりも、アプリなどの音声ガイドであれば利用しやすく、感染対策としても適しています。

また、目当ての施設を訪れた観光客が1つの施設にとどまり帰ってしまうのではなく、周辺の観光施設や店舗へ周遊消費活動をしてくれることも重要です。

こうしたマイクロツーリズムの促進、周辺施設への周遊と消費を創出する仕組みの構築を目的とした 「クーポン付き音声ガイド」 サービスの実証が始まっています。

電子クーポンソリューション大手の凸版印刷は、観光施設の音声ガイドアプリ「Pokke(ポッケ)」と連携した「クーポン付き音声ガイド」の実証実験を始めると発表しました。

「クーポン付き音声ガイド」は、観光施設で音声ガイドを利用すると、周辺の観光施設や店舗で利用できる電子クーポンをダウンロードすることができるサービスです。

第1弾として2021年3月25日より「サケのふるさと 千歳水族館」での実証を開始、多気町(所在地三重県多気郡)、青龍山 吉祥寺(所在地:群馬県利根郡)の計三拠点で実証が行われます。

なお、この「クーポン付き音声ガイド」サービスへの参加を希望する観光施設、美術館・博物館、自治体等の募集が行われています。ご興味のある方は以下よりお問い合わせください。

============

本サービスへの参加施設・自治体の募集に関して

対象:美術館・博物館、水族館・動物園・植物園、自治体・観光協会・DMO、庭園、お城、寺社仏閣、その他観光地・観光施設

  • 資料請求:https://jp.pokke.in/platform/
  • メール:info@mebuku.co.jp
  • 担当:高橋(株式会社MEBUKU)

凸版印刷株式会社 プレスリリース(2021/03/25)

https://www.toppan.co.jp/news/2021/03/newsrelease210325_3.html

Pokke( 株式会社MEBUKU )

https://jp.pokke.in/

関連する記事

日本の音声メディア・音声コンテンツ一覧を解説!注目を集める音声市場とは?

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEmagazineはマーケター、人事、エンジニア、営業企画などの企画者に役立つコンテンツをそれぞれ領域のスペシャリストが発信していきます。

投稿一覧へ

他サービスはこちら