ソリューション

マネーフォワードクラウド会計とLayerX INVOICEが連携、経理DX支援

2021年03月03日

クラウド会計ソフト請求書クラウドサービス請求書会計ソフト請求書の電子化

株式会社LayerXは、同社が提供する請求書AIクラウド「LayerX INVOICE」と、株式会社マネーフォワード提供の「マネーフォワード クラウド会計」および「マネーフォワード クラウド会計Plus」との連携を開始したことを発表しました。

LayerX INVOICEとは

請求書の受け取りからデータ化、会計・支払処理に至る経理業務を自動化する経理DX支援クラウドサービスです。AI-OCRが請求書を自動でデータ化し、学習させた過去の仕訳データによって仕訳データを手入力なしで作成できます。同じ請求書を認識し、二重処理や二重支払いを防止可能です。また、クラウド型であることから社外からもアクセスでき、テレワークにも活用できます。

マネーフォワード クラウド会計・マネーフォワード クラウド会計Plusとは

法人の決算関連業務の効率化を支援するツールです。仕訳や記帳・決算書の作成を自動化できます。Windows・Mac双方に対応しており、いつでもどこからでも作業可能です。法改正や消費増税にも自動でアップデート対応します。マネーフォワード クラウド会計Plusは、IPO準備期の企業・中堅企業向けの会計ソフトです。低コストかつ効果的な内部統制やバックオフィス業務の効率化が期待できます。

今回の連携に関して

今回の連携によって、LayerX INVOICEでダウンロードされた仕訳データを手入力や変換なくマネーフォワード クラウド会計にインポート可能となりました。また、マネーフォワード クラウド会計上のマスタデータをLayerX INVOICEでも利用できることから、LayerX INVOICEの新規利用がしやすくなるといえます。マネーフォワード クラウド会計上で、LayerX INVOICEの機能によって効率よく生成したデータから会計帳簿や決算書、各種レポートの作成ができ、一連の経理業務フローのデジタル化・効率化に繋がります。

株式会社LayerX プレスリリース 2021年3月3日

https://layerx.co.jp/news/pr210303/

マネーフォワード クラウド会計(株式会社マネーフォワード)

https://biz.moneyforward.com/accounting

マネーフォワード クラウド会計Plus(株式会社マネーフォワード)

https://biz.moneyforward.com/accounting_plus

LayerX INVOICE(株式会社LayerX)

https://www.layerx.jp/invoice

関連する記事

請求書を電子化するメリットと注意点、電子帳簿保存法との関係とは?

会計ソフト・会計システムを比較!選び方やクラウド型製品のメリット・デメリットも解説

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEmagazineはマーケター、人事、エンジニア、営業企画などの企画者に役立つコンテンツをそれぞれ領域のスペシャリストが発信していきます。

投稿一覧へ

関連記事

他サービスはこちら