ソリューション

「SVF Cloud」と「SmartDB」が連携、帳票関連のワークフロー効率化

2021年02月17日

ワークフローシステム電子帳票システム

帳票クラウドサービス「SVF Cloud」を提供するウイングアーク1st株式会社と、大企業向け業務デジタル化クラウド「SmartDB」を提供する株式会社ドリーム・アーツは、「SVF Cloud」と「SmartDB」の連携が開始したことを発表しました。

「SVF Cloud」とは

帳票基盤ソリューションであるSVF製品の機能をクラウド型で利用できる、帳票作成・出力サービスです。既存のPDFデータを元にしたレイアウトファイルの作成が可能であるほか、可変部分の編集など帳票ならではの緻密な設計をノンプログラミングでおこなうことができます。

「SmartDB」とは

ワークフローやフォームデザインなどの機能を備えた業務デジタル化クラウドです。細かい権限設定のもとに数万人での利用ができ、大手企業での導入事例もあります。既に複数の他サービスとも連携しており、APIを使った追加開発もできることから、複数部門に渡るなどの複雑な業務に対応可能なサービスです。

今回の連携で期待される効果
今回の連携により、帳票内に記載が必要な項目が自動入力され、入力内容に応じてワークフローの申請・帳票の出力を自動でおこなうことが可能となります。入力情報の確認作業や責任部門による承認作業など、帳票関連業務の効率化・電子化が可能です。ペーパレス化やテレワークへの活用も期待できるといえます。

株式会社ドリーム・アーツ プレスリリース 2021年2月17日

https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/news/information/in210217/

ウイングアーク1st株式会社 プレスリリース 2021年2月17日

https://www.wingarc.com/public/202102/news1377.html

SmartDB(株式会社ドリーム・アーツ)

https://hibiki.dreamarts.co.jp/smartdb/

SVF Cloud(ウイングアーク1st株式会社)

https://www.wingarc.com/cloud/svfc/index.html

関連する記事

ワークフローシステムとは?機能と導入メリット、おすすめ28選を紹介

文書管理システムとは?機能・メリット・選び方とおすすめツール36選

電子帳票システム23選!メリットや機能、サービスの選び方を解説

クラウド請求書発行システムでデジタル化推進|おすすめシステム15選を比較

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEmagazineはマーケター、人事、エンジニア、営業企画などの企画者に役立つコンテンツをそれぞれ領域のスペシャリストが発信していきます。

投稿一覧へ

他サービスはこちら