ソリューション

あらゆるものをIoT化する『obniz(オブナイズ)』契約1万件突破

2020年12月04日

IoT製造業IoTプラットフォーム

株式会社CambrianRobotics(カンブリアンロボティクス|本社:東京都豊島区)は、独自のIoTテクノロジー『obniz』のクラウドサービスを付帯した公式製品の契約数が、2020年11月1日に1万件を突破したことを発表しました。

参考)IoTとは

『obniz』について

CambrianRoboticsが提供する『obniz』の公式製品は、あらゆる対象物をインターネット経由で操作できるようにするIoTプラットフォームです。

利用用途はまさにあらゆるものといえ、「夏休みの工作で植木鉢の自動水やり機を作る」、「プログラミング教室の教材」といった教育・趣味としての利用のほか、「建設中のビルでのビーコンを用いた屋内位置情報取得」や、「ヘルスケア機器利用の遠隔監視によるユーザーの見守りサービス」など、実際の産業においても活用されています。

『obniz』が提供するのはWiFi接続と入力/出力ができる専用デバイス(『obniz Board』など)、専用デバイスから送られたデータの処理や解析、プログラミングができる専用クラウド(『obniz Cloud』)で、ほかに各種センサーやモーターなども用意されています。

専用デバイスは5000円前後~で、クラウド利用ライセンスがついています。

クラウド上には基本的なプログラムテンプレートなども用意されているほか、デバイスやネットワークの状態を確認する「デバイス管理機能」や、ブラウザ上でプログラムが編集できる「専用エディタ」といった豊富な機能を無料で利用できます。

セットアップから管理・変更などの作業もクラウド上で行え、物理的かつ経済的なメリットが大きく、工場・製造業、物流のIoT化やDXの足掛かりとして負担の少ないコスト感といえます。

■『obniz』公式サイト:https://obniz.com/ja/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000040376.html

関連する記事

製造業のIoTはなぜ必要か?IoT導入のメリットとIoTの基礎知識

IoTとは?モノをインターネットでつなぐ目的と技術をわかりやすく解説

IoTで使用されるセンサーの種類と活用事例を解説!

IoTプラットフォームとは?多様なサービス内容とベンダーの分類、特徴を解説

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEmagazineはマーケター、人事、エンジニア、営業企画などの企画者に役立つコンテンツをそれぞれ領域のスペシャリストが発信していきます。

投稿一覧へ

他サービスはこちら