ソリューション

会計freeeとkansapoがAPI連携 監査資料など効率化

2020年11月20日

会計システムSaaSAPI連携

「クラウド会計ソフトfreee(以下、会計freee)」と税理士法人つばめが提供するクラウド監査アシスタント「kansapo」とのAPI連携が開始されたことを、20日、freee株式会社が発表しました。

これにより、「kansapo」は会計freeeのアプリケーションプラットフォームである「freeeアプリストア」に掲載され、会計freeeの情報の「データマネジメント機能」「目的に応じたデータ活用(検索)」を提供するアプリケーションとして利用可能になります。

freeeアプリストアでは「kansapo」の60日間無料トライアルを実施しています。

freeeがkansapoとAPI連携_QEEE

freee 株式会社は、会計freeeのほかにも労務管理など複数のバックオフィスの業務効率化サービスを提供していますが、2019年1月に「freeeアプリストア」を開設、企業がさまざまなクラウドサービス/SaaS利用を効率的に進めるうえで重要となるAPI連携にも力を入れています。

各企業や業種ごとに必要な機能は異なり、使用するクラウドサービスも異なります。それぞれ必要な機能・システムを選んでアプリケーション連携することで、異なるシステム間でも一元的にデータを管理でき、業務効率化につながります。

金融機関からの明細取り込みにも応じており、2020年10月には各金融機関と参照系APIを活用した取り込みを開始したことを発表しています。

引用元:

https://corp.freee.co.jp/news/kansapo.html

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000480.000006428.html

freeeアプリストア: https://app.secure.freee.co.jp/

「kansapo」連携アプリ:https://app.secure.freee.co.jp/applications/3520

関連する記事

SaaSのAPI連携をデータベース化「SaaS連携マップ」をBizteX社が公開
会計ソフト・会計システムを比較!選び方やクラウド型製品のメリット・デメリットも解説
注目を集めるフィンテック(FinTech)とは?金融×テクノロジーがもたらす未来
クラウド型基幹システムのメリット・デメリットとは?おすすめ9選も紹介!

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEmagazineはマーケター、人事、エンジニア、営業企画などの企画者に役立つコンテンツをそれぞれ領域のスペシャリストが発信していきます。

投稿一覧へ

他サービスはこちら