マーケティング・広報

【比較10選】ドメイン取得におすすめの提供会社を紹介!

2020年11月19日

ドメイン取得

新しいWebサイトやサービスを始める際に欠かせないものがドメインです。新規でドメインを取得するにはさまざまな方法がありますが、ビジネス利用であれば「ドメイン会社で独自ドメインを取得する」方法が代表的です。
しかしながらドメイン会社は数多くあるため、会社選びで迷われることもあるでしょう。料金や取り扱われているドメインの種類などを確認して最適な会社を選びましょう。
今回の記事では、おすすめのドメイン会社やドメイン会社の選び方を解説していきます。「ドメインの取得が初めてで知識があまりない」という方に向けてドメイン取得の際のポイントも紹介しておりますので、自分の知識にあわせてご活用いただければと思います。

ドメインとは

ドメインとは言わば「インターネット上で使われる住所」です。Webサイトやメールアドレスなどにおいて、自分の場所を相手に特定してもらう(サイトアクセスやメール送信などをしてもらう)ときに利用されます。
ドメインは文字列で構成されており人間にも意味が分かるようになっています。しかしコンピュータはドメインだけで位置を特定できません。「DNSサーバー」を介してドメインを「IPアドレス(コンピュータが理解できる、数字で構成されたインターネット上の住所)」に変換することで、始めて相手の位置を特定可能になります。

あわせて読みたい

【初心者必見】今さら聞けないドメインとは?基礎知識を丁...

ホームページの開設や社内のメールアドレスの取得に欠かせないのがドメインの設定です。しかしネットワークに詳しくない方にとってドメインの設定はおろか、ドメイン自体の概要がややこしく感じられるかもしれません。ドメインはインターネットでホームページや...

独自ドメインを使用する効果

ドメインには

  • レンタルサーバーなどからベースのドメインを借りる
  • 一から自分でドメインを作成する


という2種類の取得方法があります。
この内自分で一から作成したドメインは「独自ドメイン」と呼ばれ次のような効果をもたらします。

ユーザーから信頼してもらえる

ドメインはユーザーの信頼性にも関係しています。
たとえばフリーメールアドレスでしかやり取りしていないと、「誰でも無料で取得できるアドレスでメール送受信をしている」と悪い方向にとらえられる場合があります。

またWebサイトの場合、「Wix」といったサービスの無料ドメインだけを利用していると「企業なのにいまいち信頼性がない」と思われる場合もあります。
独自ドメインを取得すれば企業名などをそのままメールアドレスやURLなどに反映可能です。どこの企業のものか理解しやすくなりますし、信頼性も向上するでしょう。

SEOに効果がある

URLに独自ドメインを利用する場合はSEO的にも効果があります。

レンタルサーバーやCMSなどで提供されている共有ドメインを使うと、提供先の評判を借りてアクセス数を伸ばせます。ただしSEO対策を設定しにくく、提供先の悪い評判もそのまま反映されてしまうのがデメリットです。

一方独自ドメインを借りて運用を行う場合細かいSEO対策が可能です。また自社独自のドメインなので、共有ドメインを利用する場合と違って評判に左右されず運用が可能になります。

固有のメールアドレスを利用できる

独自ドメインでメールアドレスを取得した場合、Webサイト名とメールアドレス名を統一可能です。ブランドの観点からは独自ドメインを取得してWebサイト名とメールアドレス名を統一したほうが有利です。

またフリーメールアドレスは迷惑メール扱いされる可能性がありますが、独自ドメインのメールアドレスだと迷惑メールに自動振り分けされにくいので確実に相手へ届きます。

ドメイン会社の選び方

ここからはドメイン会社の選び方を解説していきます。

利用にまつわる料金

独自ドメイン取得にはさまざまな料金が発生します。

  • 初期の取得料
  • 契約期間満了時の更新料
  • ドメインの移管料


初期の取得料が安くても更新料や移管料などで高い金額が発生する可能性があるので注意が必要です。
また更新についても

  • 1年ごとに届出
  • 2年など複数年契約ごとに届出
  • 届出がないと自動更新


などさまざまなタイプがあります。更新を忘れないために事前に更新タイミングも確認しておきましょう。

取り扱っているドメインの種類

独自ドメインを取得する際は「トップレベルドメイン」を必ず確認しておきましょう。トップレベルドメインは「www.△△△△.●●●●」の「●●●●」部分に該当する、URLの末尾に付く文字列です。
トップレベルドメインはパターンが決まっていますが、

  • .com:企業や商用サービス用
  • .net:ネットワーク関係の企業用
  • .jp:日本限定


などさまざまな種類があります。
ドメインの中には条件によって利用できないものや、移管ができないものもあるので選択時は注意が必要です。

Whois情報公開代行の有無

ドメイン取得時には必ず「Whois」情報が公開されます。Whois情報とはドメインの所有者を表す情報であり、メールアドレスや取得時の名前(会社名)などが一般公開されます。

もし外部にWhois情報を公開したくないときは、Whois情報公開代行をお願いしましょう。公開代行では事業者側で別の情報が一般公開されるため個人情報漏洩を防げます。

レンタルサーバーとの相性

ドメインを取得する際はレンタルサーバーとの相性を考えましょう。
独自ドメイン取得時には

  • レンタルサーバー契約時にいっしょに取得する
  • 別途独自ドメインを専門業者で発行する


という2種類の方法があります。
レンタルサーバー契約時にいっしょに取得すると多少料金が高くなりますが、細かいドメイン設定をしなくて済むので楽です。ただし専門業者側に取得したいドメインが用意されている場合は、別途取得した後レンタルサーバー側で設定しましょう。

おすすめのドメイン会社10選

ここからはおすすめのドメイン会社を10個ご紹介していきます。

お名前.com

最も有名なドメイン取得サービスの一つです。GMOグループが運営しています。

580種類以上のドメインから好きなものを取得して利用可能です。また各ドメインも安めに設定されておりコストも抑えられます。セールやキャンペーンを併用するとさらにお得にドメインを利用できます。

オプションサービスでWhois情報の公開代行も利用できるので、プライバシーが気になる方は利用してみてください。

ドメイン例 新規取得 更新料 移管料
.com 240円 1,280円 920円
.biz 299円 1,580円 1,200円
.jp 1,060円  2,840円 2,840円

Star Domain

「Star Domain」はドメイン取得時に、レンタルサーバーもいっしょに借りられるのがメリットです。サーバー料金は掛からないので「ドメイン料金だけでサーバーを運用してみたい」という方にもおすすめできます。年額30円からドメインを取得できる手軽さも魅力になっています。

また利用すると運営会社の「ネットオウル株式会社」関連のサービスに使える「ネットオウルポイント」が貯まるのでお得です。無料でWhois公開代行サービスも利用可能です。

ドメイン例 新規取得 更新料 移管料
.com 968円 1,298円 1,298円
.biz 1,738円 1,738円 1,738円
.jp 2,596円 2,596円 2,596円

ムームードメイン

GMOグループのドメイン取得サービスです。

  • ロリポップ!
  • ヘテムル
  • グーペ


といった複数の関連サービスにドメインを簡単に設定できるのがメリットです。上記サービスを利用する場合は最有力のドメイン取得選択肢になるでしょう。ムームードメインの対象ドメインと「ロリポップ!」を新規で契約する場合、ドメインが無料になるキャンペーンを行っているのもポイントです。

また管理画面も分かりやすく構成されている点もメリットです。Whoisの代理公開も利用可能になっています。

ドメイン例 新規取得 更新料 移管料
.com 1,160円 1,480 円 1,480 円
.biz 180 円 1,580 円 1,580 円
.jp 1,850円 3,040 円 3,040 円

ゴンベエドメイン

「ゴンベエドメイン」は国内で最もドメイン取扱数が多いサービスです。最大手のお名前.comよりさらに多い1,000種類以上のドメインを取得できるようになっています。「.com」といったありきたりなドメインではなく、競合にはない変わったドメイン名を登録したい」という方にはおすすめです。

ただし全体的な利用料金は割高です。普通のドメインを使いたい方には他サービスを利用しましょう。ちなみに有料でWhois代行も利用可能です。

ドメイン例 新規取得 更新料 移管料
.com 1,408円 1,408円 1,408円
.biz 1,848円 1,848円 1,848円
.jp 5,720円 5,720円 無料

Doレジ

スピーディーで安全なドメイン名登録や管理などを売りにしているサービスです。

JPドメイン名を取得する場合は組織で1つしか取得できず、また書類申請といった作業が必要です。しかしDoレジでJPドメイン名を登録する場合、一から申請サポートを受けられるので安心して登録できます。

また「WHOISガードサービス」を使えば、Whoisの公開情報にDoレジの情報を設定可能です。

ドメイン例 新規取得 更新料 移管料
.com 1,900 円 3,200 円 無料
.biz 1,900 円 3,200 円 無料
.jp 4,000 円 6,800 円 6,800円

Xdomain

全サーバーにSSDが搭載されており、トップクラスの人気を誇るレンタルサーバー「Xserver」の関連サービスです。

「com」「net」「jp」などの人気トップレベルドメインを国内最安で更新できるのが魅力です。またWhois登録情報の代行も無料で行ってくれるため便利なサービスになっています。

Xserverといっしょに借りるとドメイン設定がすぐ終わるので検討してみてください。

ドメイン例 新規取得 更新料 移管料
.com 260円 1,180円 1,180円
.biz 1,480円 1,480円 1,480円
.jp 1,080円 2,820円 2,820円

バリュードメイン

GMO系のドメイン取得サービスの一つです。無料で使えるレンタルサーバー「Xrea」を契約する際にも必要になっています。

複数のドメインを購入すると割引を受けられるのがポイントです。複数Webサイトを運用する必要がある場合に使えるサービスとなっています。

またWhois公開代行も可能です。ただし管理画面が扱いにくいとの声もあるので事前に詳しく情報を調べておきましょう。

ドメイン例 新規取得 更新料 移管料
.com 920 円 1,280 円 1,100 円 
.biz 199 円 1,580 円 1,430 円
.jp 2,180円 2,840円  ー

さくらドメイン

サーバー業界で長い運用実績を誇っている、「さくらインターネット株式会社」のドメイン取得サービスです。さくらサーバーを借りる際はいっしょに登録を行っておくと作業が楽になります。

さくらインターネット株式会社の手厚いサポートが受けられるので、ドメインに関してトラブルがあった際も安心です。またwhois情報公開代行もしてくれます。

ただし他会社と比較すると料金が割高なのがデメリットです。

ドメイン例 新規取得 更新料 移管料
.com 1,886円 1,886円 1,886円
.biz 1,886円 1,886円 1,886円
.jp 3,982円 3,982円 3,982円

名づけてねっと

NTTグループのレンタルサーバー「WebARENA」の関連サービスです。

「WebARENA SuiteX」といっしょに申し込むと、サーバーの初期料金と基本料金が1ヶ月無料になるのがポイントです。NTTグループなのでサポート面でも安心できます。

ただしNTTグループはドメイン管理を行っている「ICANN」の姿勢に沿っており、正しいWhois情報の入力を必須としています。代行は受けられないので注意してください。

ドメイン例 新規取得 更新料 移管料
.com 無料 1,320円 手数料:2,200円
初期料金:無料更新料:3,960円
.biz 無料 1,760円 手数料:2,200円
初期料金:無料更新料:3,960円
.jp 無料 3,080円 手数料:2,200円更新料:7,920円

ドメインキング

「ドメインキング」もGMOグループのサービスです。

  • Pプラン
  • Sプラン
  • Mプラン


の3つからサーバープランを選択可能で、Pプランは月額500円で利用可能です(別途初期費用934円が必要)。

またどのプランでも電話サポートを受けられるので、安心して使えるのもメリットになっています。

マルチドメインに対応しており、複数ドメインを同時に一つのサーバーで運用できるようになっているのもメリットです。Whois移管代行も行っています。

ドメイン例 新規取得 更新料 移管料
.com 1,380円 1,380円 1,380円
.biz 1,480円 1,480円 1,480円
.jp 2,838円 2,838円 無料

ドメイン取得のポイント

ドメイン取得の際は次のポイントを押さえましょう。

トップレベルドメインの意味に注目する

先ほど説明したように、トップレベルドメインには意味があります。

たとえばコーポレートサイトで個人ブログに使われる「.blog」を取得するのはあまり好ましくありません。企業で使われる「.com」や「.co.jp」などのほうが合っていますし、ユーザーからの信頼感も得られます。

トップレベルドメインの意味を理解して自分に合ったものを選択してみてください。

サイトの内容と関係のある文字列を設定する

トップレベルドメイン以外の独自ドメイン文字列は自分で入力して設定することになります(「www.」の直後の文字列)。

ドメインはそもそも人間がアクセスする際どんなWebサイトか理解できるように設定されているものです。ターゲットユーザーに分かりやすいよう自社名や関連のサービスをドメイン名に付けましょう。
たとえば

  • 「●●不動産」の場合そのまま「www.●●fudosan.co.jp」にする
  • SaaSサービスを提供している際は「saas」を入れてみる


といった事例が考えられます。
ドメイン文字列は限られているので省略なども駆使して分かりやすいドメインを設定してみてください。

まとめ

今回はおすすめのドメイン会社やドメイン会社の選び方などを解説してきました。
独自ドメインを取得するとユーザーからの信頼感も得られますし、SEO的にも効果が高いです。ドメインを取得する際は料金体系や取得できるドメインの種類などを確認してみてください。
今回のサービス比較記事も参考にしながら適切なドメインを取得してマーケティングに役立ててみてください。

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEmagazineはマーケター、人事、エンジニア、営業企画などの企画者に役立つコンテンツをそれぞれ領域のスペシャリストが発信していきます。

投稿一覧へ

他サービスはこちら