ニュース

ビットコインが一時138万円の高値を記録 PayPalで取り扱いを開始するとの発表受け

2020年10月22日

仮想通貨フィンテックビットコイン投資

10月22日、ビットコインの価格が高騰し一時138万円を超えました。8月に記録した高値を超えて年初来高値、2019年7月以来の高水準となります。

今回のビットコインの高値は、オンライン決済サービスを提供するPayPal(ペイパル)が10月21日(現地時間)に暗号資産(仮想通貨)の取り扱いの開始を発表したことが背景にあります。
今回PayPalで対応することになった暗号資産は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの4種類です。PayPalのデジタルウォレットを通じて暗号資産の保有・売買が可能となり、年内は売買手数料が無料になるとのこと。2021年の初頭には約2600万の小売店で売買が可能になるように目指しています。

■企業によるビットコインの購入が相次ぐ理由とは?

ビットコインをめぐる企業の動きは活発になりつつあります。
PayPalの競合であるオンライン決済のSquare(スクエア)はすでにビットコインの販売によって大きな収益を得ており、10月8日には4709ビットコイン(当時の価格で53億円相当、総資産の1%にあたる)を購入しています。また、Squareの動きの前にはナスダックに上場しているMicroStrategy(マイクロストラテジー)社が約447億円相当のビットコインを購入し話題となりました。

なぜ企業がビットコインに強い関心を寄せるのでしょうか。背景には、世界中で猛威を奮う新型コロナウイルスによる経済への影響があるようです。

MicroStrategy社の創業者であるMichael Saylor(マイケル・セイラ―)CEOはビットコイン購入の理由を、資産インフレによって5億ドル相当の余剰資金が失われてしまう可能性に脅威を感じたからだと語っています。新型コロナウイルスの拡大で経済の先行きが不透明な中、インフレの悪影響を受けない場所へ投資したいという強い要望が最終的にビットコインへの投資に繋がったようです。

SquareのAmrita Ahuja(アムリタ・アフジャ)CFOも「(ビットコインは将来)よりユビキタスな通貨になる可能性を秘めている」と述べています。同社は暗号資産への取り組みを強化しており、2019年には仮想通貨部門として「Square Crypto」を創設していました。Squareの投資は会社のアイデンティティやサービスと一致したものと考えられるでしょう。

長期的なインフレが心配される中、今後暫くは「インフレのリスクヘッジとしてビットコインへ投資する」という選択肢は広がって行きそうです。

ビットコイン1年ぶりの高値130万円超 ペイパルの取り扱い受けて(ITmedia ビジネスオンライン) - Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/e11b8843064b8accc7268cc0a45afa19347afff1
450億円の現金をビットコインに変えたナスダック上場企業──CEOが語った理由と戦略 | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン
https://www.coindeskjapan.com/80383/
スクエア、53億円のビットコインを購入──総資産の1%相当 | CoinDesk Japan | コインデスク・ジャパン
https://www.coindeskjapan.com/83881/

関連する記事
注目を集めるフィンテック(FinTech)とは?金融×テクノロジーがもたらす未来
【事例10選】ブロックチェーンの活用事例を分野別に紹介

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEmagazineはマーケター、人事、エンジニア、営業企画などの企画者に役立つコンテンツをそれぞれ領域のスペシャリストが発信していきます。

投稿一覧へ

他サービスはこちら