ニュース

Adobe MAX 2020にてCreative Cloudのイノベーション公開、リモート需要対応

2020年10月21日

コラボレーションツール

Adobeは20日、開催中の年次クリエイティブカンファレンスであるAdobe MAX 2020にて、主要アプリケーションにおけるアップデートの発表をしました。Illustrator iPad版とFresco iPhone版の発表、Adobe Sensei搭載のPhotoshopニューラルフィルターの追加をはじめとして、Creative Cloudのサービス全体にわたるイノベーションがなされました。

Adobe MAX 2020について

Adobe MAX 2020は、日本時間2020年10月21日から23日(米国時間20日~22日)に開催している世界に向けた無料オンラインイベントです。詳細な製品紹介や著名クリエイターによるセッション、コミュニティイベントといったクリエイターのスキルアップや最新情報の取得に役立つコンテンツが56時間にわたって配信されています。

Adobe Creative Cloudとは

Adobeが提供する20以上のクリエイティブアプリと関連サービスを、サブスクリプション型で利用できるサービスを指します。デザインや写真の加工、動画の編集などあらゆるクリエイティブ分野をカバーしています。また、 Adobeの各アプリからアクセスが可能なCreative Cloudライブラリを使用することで、ライブラリ上にクリエイティブ要素を整理し、アプリを横断したアセットの共有や、モバイルとデスクトップを横断しての作業も可能です。すべてのサブスクリプションプランにAdobe Fontsが付属しており、数千を超えるフォントが商用にも個人用にも利用ができます。

Adobe Senseiとは

Adobeのツールに搭載されたAIと機械学習を用いてクリエイティブやビジネスを支援する仕組みを指します。例えば、クリエイティブ領域においては画像検索や顔認識を用いた加工、画像領域でのラベル付けなどが可能です。

2020年特有のニーズに応じたリリース

リモートワークが普及する中で、シームレスな作業の共有や、作業の一貫性を生む仕組みが求められます。ニーズが高まるコラボレーションの機能をはじめ、生産性と制作レベルを高めるアップデートやスキル向上に役立つコミュニティ関連の新機能が公開されました。以下に一部をご紹介します。

  • Creative Cloudライブラリが拡大提供され、新たにAdobe Sparkからのアクセスが可能となり、Adobe XDにおいてプロジェクトへのアクセスや共有の範囲が拡大しました。さらに、Google Workspaceなどのサードパーティ製サービスと連携が可能となり、開発者用のオープンAPIの提供も開始されています。
  • 「編集に招待」機能を利用することで、簡単に作業を共有し、どこからでも仕事にアクセスすることが可能です。Fresco、Photoshop、Photoshop iPad版などのツールにも、「編集に招待」機能の導入が2021 年初頭に予定されています。
  • Illustrator iPad版とFresco iPhone版が新たに発表され、それぞれデバイスを横断した制作が可能となりました。
  • Photoshopには、Adobe Sensei搭載のニューラルフィルター」「空を置き換え」といった5つの機能が追加されました。
  • アプリ内ライブストリーミング機能がPhotoshop iPad版とIllustrator iPad版でも利用可能となり、一部の地域限定でライブストリーミング機能が提供されていたFrescoでは全てのユーザーが利用できるようになりました。より多くのユーザーがライブの配信や他のクリエイターの配信から学ぶことが可能となりました。

Adobe プレスリリース 2020年10月20日

https://www.adobe.com/jp/news-room/news/202010/20201020_adobe-max-2020-enabling-creativity-for-all-with-creative-cloud-innovation.html

Adobe MAX 

https://maxjapan.adobe.com/

Adobe Blog

https://blogs.adobe.com/japan/

関連する記事

UX向上のための4つのアクションとツールを紹介!

モックアップ作成に便利なツール11選!検討ポイントも紹介

HTML・CSSに挑戦!初心者におすすめのテキストエディタ9選

この記事を書いた人

QEEE編集部

QEEEmagazineはマーケター、人事、エンジニア、営業企画などの企画者に役立つコンテンツをそれぞれ領域のスペシャリストが発信していきます。

投稿一覧へ

他サービスはこちら