• トップ
  • カテゴリー
  • プログラミング
  • キャリアアップ
  • 資格/勉強
  • 副業/複業
  • ガジェット
  • お金
  • その他
  • 社会人が勉強を継続する6つのコツとは?おすすめの勉強内容も紹介!
    公開日 2021年08月24日
    更新日 2021年08月24日

    社会人になってから勉強をしなくなったという方も多いのではないでしょうか。 社会人にとっての勉強は資格取得やスキルアップによる年収アップや転職の成功に繋がるだけでなく、キャリアや人生の幅が広がるといったメリットがあります。
    今回の記事では、勉強を継続するためのコツやおすすめの勉強内容など、社会人の勉強について解説します。勉強をしようと考えている社会人の皆様の参考となれば幸いです。

    この記事のライター
    QEEE編集部

    社会人はどのくらい勉強しているのか

    大人になってから「やっぱり勉強しておけばよかったな」「これから勉強しよう」と思っても、なかなか勉強しない、続かないという人は多いのではないでしょうか。

    2016年に行われた「平成28年社会生活基本調査」では、「有業者」の1日の「学習・自己啓発・訓練」の総平均時間が6分という数値が出ています。

    (出典:「平成28年社会生活基本調査結果」(総務省統計局)

    1週間の合計でも1時間に満たない計算です。いざ勉強を始めても、続かずに挫折してしまうという場合もあるでしょう。
    学生の時とは異なり勉強が仕事ではない社会人にとって、自分で勉強の目的を設定し、勉強する仕組みを作っていくことが必要なようです。

    社会人が勉強するメリット

    社会人が勉強することで得られるメリットは、現在の業務に役立つなど比較的即効性があるものから、キャリアや人生への効果といった長期的なものまでさまざまです。

    直接業務に生かせる勉強であれば、仕事での評価や収入アップにつながる可能性があります。勉強によってスキルを高めることで、キャリアや人生の幅を広げることも可能です。

    本業以外のことを学ぶのは、視野が広がるなどのメリットもあります。

    また、先述した通り勉強に時間を割いている社会人は少ないため、勉強をすることによって周りと差をつけやすいと言えます。自分自身に眠っている才能を呼び起こすためにも、必要に応じて勉強していくことが大切です。

    勉強を継続する6つのコツ

    社会人が勉強を始める場合、時間や場所の制約をクリアして勉強する環境を整えることが重要です。

    ここでは、勉強のモチベーションを継続させるためコツについて解説していきます。

    目的やゴールを明確にする

    勉強を継続する1つ目のコツは、勉強する目的やゴールを明確にすることです。

    目的があいまいだと、学習を続けていくことが難しいだけでなく、学習した内容が目指したい方向に合わないといったことが起こり得ます。学んだことを無駄にしないためにも、自分なりの目的を決めて、目的達成に必要な勉強に取り組むことが必要です。

    目的やゴールの具体例として、資格取得や転職、キャリアアップなどが挙げられます。

    勉強するための仕組みを作る

    勉強を継続する2つ目のコツは、勉強するための仕組みを作ることです。

    継続には「仕組みづくり」が有効といわれますが、勉強も同様です。テレビやスマホを眺めていた時間を勉強に充てるような仕組み・習慣にしてしまうわけです。

    毎日同じ時刻になったら机に座る、入浴や歯磨きと同時に参考書を読むなど、日常の生活に組み込んで、最初は意識的に継続します。参考書を買ったり、スクールや通信講座に申し込んだりというように「お金を払うこと」も効果的です。

    勉強仲間がいる環境に身を置く

    勉強を継続させる3つ目のコツは、周囲に勉強仲間がいる環境に身を置くことです。

    勉強仲間がいることで、「勉強しなくてはいけない」という意識が働きやすいと言えます。勉強を進めていくうえで生じる一人では解消しにくい悩みや不安を解消することも可能です。

    お互いの向上心を刺激し合えるような勉強仲間を作り、モチベーションの向上に繋げましょう。

    「勉強仲間がいる環境」の例として、スクールや会社が行っている勉強会が挙げられます。スクールや勉強会は、勉強仲間がいるだけでなく、人から教わることができるという点もメリットです。

    集中できる場所を見つける

    勉強を継続させる4つ目のコツは、集中できる場所を見つけることです。

    勉強を続けていくためにも、学習する場所や時間を決めておき、習慣化させていくことが大切です。集中できる場所は人それぞれと言えます。

    この記事の後半で社会人におすすめの勉強場所を紹介していますので、それを参考に自分の集中できる場所を探してみてください。

    具体的な計画を立てる

    勉強を継続する5つ目のコツとして、具体的な計画を立てて学習を進めていくことが挙げられます。

    勉強したい事柄が決まったら、日課として時間や勉強内容を決めておくようにしましょう。また、勉強する時間帯を決めておけば、勉強自体を習慣化しやすくなるため、学習を続けていきやすくなるでしょう。

    さらに、決めた目標をいつまでに達成するという期間の計画も立てておくと、日々の勉強のスピード感などをつかみやすくなります。

    適度に休憩する

    勉強を継続する6つ目のコツとして、適度な休憩を入れることが挙げられます。

    社会人は、基本的に毎日の仕事と並行して勉強を継続することになります。心身の負担を減らすためにも時々休憩し、気分転換しながら学習を継続させていくようにしましょう。

    また、隙間時間を活用するなど、睡眠時間を削らない工夫が必要です。

    社会人におすすめの勉強内容

    ここからは、社会人におすすめの勉強内容を6つ紹介していきます。

    社会人は限られた時間の中で勉強時間を確保し、仕事と両立させる必要があります。勉強を長く続けていくためにも自分の仕事に役立てられることや趣味、興味があることを学習の対象にしていくことが大切です。

    仕事につながる資格

    社会人におすすめの勉強内容1つ目は、仕事につながる資格です。

    働いている職種でのスキルアップ・キャリアアップを目指せる勉強や、転職する際に必要な資格を取得するための勉強などがおすすめです。目標を明確にしていけるため、勉強の継続がしやすいと言えます。

    語学

    社会人におすすめの勉強内容2つ目は、語学です。

    英語をはじめ、企業が進出を検討している国の語学を学ぶなど、語学力を向上させていくことができれば仕事の幅も広がると言えます。注意すべき点として、語学の勉強は緊急性がない時に目的なく取り組んでしまいがちという点です。

    語学の勉強が業務上必要な場合や、語学の習得によってキャリアの幅を広げる見込みがある場合以外に「なんとなく」で勉強し始めると、無駄にしてしまう可能性があります。

    趣味・好きなこと

    社会人におすすめの勉強内容3つ目に、趣味や好きなことが挙げられます。

    仕事をしながら勉強を続けていくのは難しいものです。しかし自分自身の趣味に関することや関心があることを学習の対象とし、楽しみながら勉強していくことで知識を深め、より趣味を楽しめるようになります。

    勉強そのものを楽しむことができるかもしれません。

    ヒューマンスキル

    社会人におすすめの勉強内容4つ目に、ヒューマンスキルが挙げられます。

    ヒューマンスキルとは、さまざまな人と良好な人間関係を築く、または維持していくために必要な能力のことを意味します。社会人は特に、コミュニケーション能力や会話術、プレゼンテーションスキルなどが求められる場面が多いでしょう。

    ヒューマンスキルを磨くために、本を読んだりセミナーに参加したりして、幅広い知識や教養を身につけましょう。

    プログラミング

    社会人におすすめの勉強内容5つ目に、プログラミングの勉強が挙げられます。

    パソコンやスマホの使用が日常となった現在、プログラミングスキルを持つ人材へのニーズは世界的に高い状態です。プログラマは恒常的に人材不足であり、プログラミングを身につけることでキャリアチェンジや年収アップにつながる可能性があります。

    また、 プログラミング的思考は通常のビジネスシーンにおいても役立ちます。

    ビジネスに役立つフレームワーク

    社会人におすすめの勉強6つ目に、ビジネスに役立つフレームワークを学ぶことが挙げられます。

    ビジネスにおけるフレームワークとは、意思決定や分析、問題解決などを効率化できる共通認識の枠組みです。代表的なものにPDCAやロジックツリー、マインドマップなどが挙げられます。

    ビジネスに応用できるフレームワークを学んでおけば、キャリア形成や作業効率化を図るための知識を得られるでしょう。

    社会人が勉強するためにおすすめの場所

    社会人という立場で無理なく勉強を進めていくためにも、適切な勉強場所を選んでいくことが大切です。

    カフェや図書館といった施設は空調やインターネットの環境が整っており、安価または無料で気軽に利用できるのが良い点です。しかし、場所によっては子どもや会話目的の客でにぎわっており、集中しにくい可能性があります。

    コワーキングスペースや有料自習室を借りるのも効果的です。カフェなどに比べてお金はかかりますが、先ほども触れたように「お金を払っている」ことが集中力を高める可能性もあります。

    また、自宅でも照明やデスクを整えることで、勉強する場所を確保することが可能です。

    リラックスしつつ集中できる場所を見つけ、勉強するための空間として利用していきましょう。

    社会人が勉強するためにおすすめの時間帯

    勤めている会社の業務に支障をきたさないためにも、適切な時間帯を選んでいきましょう。

    睡眠時間を削る必要のない時間帯を勉強時間として選んだり、通勤中や隙間時間を勉強に充てるなど、工夫をすることで仕事と両立させながら学習に取り組めます。

    また、入浴の時間や、人との待ち合わせ時間なども活用できるため、自分の生活に合わせて勉強時間を確保しましょう。

    社会人になっても勉強を続けよう

    社会人が勉強するメリットや継続させていくためのコツ、おすすめの勉強内容などを紹介しました。社会人は勉強の必要がないと思う人も多いかもしれませんが、勉強のメリットは多く存在します。

    自分の将来に役立てられるよう、自分に合った勉強内容や勉強方法を見つけましょう。

    この記事をシェア

    この記事のライター

    QEEE編集部

    QEEEは、INTLOOP株式会社が運営するビジネスの総合ポータルサイトです。 多様なコンサルティング実績をもつINTLOOPのノウハウを生かし、あらゆる経営課題・ビジネスの悩みを解決するサービスを提供しています。 QEEEマガジンでは、マーケター・人事・エンジニア・営業などの各職種に向けて、SaaS比較やビジネスコラムなどのコンテンツを各領域のスペシャリストが発信しています。

    おすすめの記事

    副業/複業
    複業と副業の違いとは?複業のメリット、始め方、向いている人の特徴を紹介
    2021/08/25
    資格/勉強
    【独立を目指せる資格16選】資格取得にメリットはある?独立開業のポイントも紹介
    2021/08/25
    ガジェット
    【仕事に役立つ便利グッズ28選】デスク・PC周りのアイテムを紹介
    2021/08/25