スピーディーにシステムの内製化を実現するためには

概要

DX推進の大きな阻害要因として、自社システムのIT部門やITベンダーへの丸投げがあります。

従来、業務部門とIT部門とは大きな溝があり、相互理解が浅いまま、業務部門の要件のまま、IT部門がシステム開発を実施する構図がありました。それゆえ、システム開発には、コストがかさみ、長期間を要するようなものも発生していました。

このような事象を改善し、変化に素早く対応する「攻めのIT」を実現するため、自社システムを内製化する動きが、高まってきています。

システム内製化の概要、課題、代表的な事例を紹介し、システム内製化を加速させるにどのような方策が必要かをまとめました。

目次

1.なぜ、いま、システムの内製化なのか

2.システムの内製化へ向けた課題

3.システムの内製化を加速させるには

4.まとめ

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら