2025年の崖の向こうには、ハイパーセンスの台頭が本格化する

概要

人間の五感(視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚)をデジタル化する技術が2015年から着目されていましたが、2020年頃から、更に進化した「超進化型人間」が注目を浴びています。
センサー、AI、AR,VRとの組み合わせにより、イノベーションの可能性が広がっており、より人間の感覚に寄り添ったサービスが可能になると言われています。
今回は、 2030年に向け「超進化型人間」の一例である「ハイパーセンス」が、既存のサービスにどのような変化をもたらすのかをまとめてみました。
本ホワイトペーパーを通して、コロナ禍後、2025年の崖を乗り越えたのちの、ビジネスの未来の展望を描くヒントになれば、幸いです。

目次

1.五感拡張技術とは 

2.ハイパーセンスとは

3.ハイパーセンスがもたらす未来

4.まとめ

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら