デジタル人材不足にはリスキリングで立ち向かえ!

概要

デジタル社会の実現に向けて舵をきった日本政府ですが、デジタル人材不足が問題となっています。
そこで、リスキリングが注目を浴びています。
世界経済会議(ダボス会議)では2030年までに全世界で10億人をリスキリングすると宣言され、
日本では大手企業が実施を開始しており、デジタル人材不足の対策としても注目されています。
リスキリングとは一体何か?注目を浴びている背景を踏まえつつ、現状と今後の展望をまとめました。

目次

1.リスキリングの特徴 

2.デジタル時代の人材政策

3.リスキリングの課題

4.課題への取り組み

5.まとめ

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら