オンラインとオフラインを融合させた小売業における「OMO」

概要

近年では、オンラインからオフラインへ誘導するO2O(Online to Offline)の取り組みが幅広く行われていますが、AIやIoTといった最先端技術の進歩に伴い、オンラインとオフラインを融合させたOMO(Online Merges with Offline)と称される取り組みが国内外で広まりつつあります。今後の小売り業界では、テクノロジーを理解し、デジタルトランスフォーメーションによるビジネスモデル変革をした企業が競争優位を実現できます。OMOの概要、従来のO2Oとの違い、OMOによるメリット、国内外における代表的な事例を紹介します。

目次

1.OMOとは?

2.OMOにおけるメリット

3.国内外における代表的な事例

4.まとめ

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら