拡大するスマートホーム市場

概要

IoTやAIによる解析能力向上によって、スマートホーム市場は急速に拡大しています。家庭内の電化製品をネットワークで繋ぎ、それらのデータを活用することで、新たなサービスの創出が期待されます。
また、高齢者のQOL向上やエネルギー利用の効率化等、社会課題の解決にも貢献します。

スマートホーム分野においては、電機メーカーだけでなく、IT企業や金融機関等、幅広い業種の事業者が参入しており、新たなエコシステムの形成に繋がっていきます。

本稿では、スマートホームの市場概況、将来像、国内における動き、課題と対策をまとめています。

目次

1.スマートホームとは? 

2.スマートホームで実現する暮らし

3.スマートホーム市場は伸びるのか

4.様々なスマートホーム関連サービスと参入企業

5.スマートホームにおけるデータの活用

6.スマートホーム普及に向けた課題と解決策

7.スマートホーム市場が秘める可能性

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら