DX推進を加速するマイクロサービスのすご技!

概要

近年では、ビジネス環境が劇的に変化し、顧客の変化に素早く気付き、ニーズを把握する姿勢が求められています。企業の競争力を強化するために、最先端テクノロジーを活用し、新たなビジネスモデルを創出し、柔軟に環境の変化に対応するデジタルトランスフォーメーション (DX) が進められています。

DXの実現には、アプリケーションをいかに柔軟かつ早く構築できるかがカギとなります。しかしながら、現行システムの多くは、様々な理由で肥大化・複雑化しています。

クラウドサービスをはじめとする技術の進化によって登場したのが、マイクロサービスというソフトウェア・アーキテクチャです。昨今注目されているマイクロサービスは、開発期間を短縮させ、 DXの推進を加速させます。

マイクロサービスの概要、メリット・デメリット、よくある失敗例・対策と、代表的な成功事例をまとめております。

目次

1.マイクロサービスとは

2.マイクロサービスのメリット・デメリット

3.よくある失敗例とその対策

4.代表的な成功事例

5.まとめ

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら