検査マニュアル廃止後の金融モニタリング 地銀におけるITガバナンスの観点

概要

金融検査マニュアルが2019年12月をもって廃止となりました。当該マニュアルの廃止以降、金融庁による金融機関へのモニタリングはどのようになるのかを整理しています。
その中でも、特にITガバナンスの実現については、ITが経営戦略に重要な要素となる昨今を踏まえて詳細を記しております。
特に、地方銀行におけるITガバナンス実現に向けた現状とその課題を考察しています。
経営とITが切っても切れない関係になっている現代社会において、これからの金融機関におけるIT部門のあるべき姿について、ご理解いただけると幸いです。

目次

1.金融検査マニュアルとは 

2.マニュアル廃止の背景

3.マニュアル廃止後の金融モニタリング

4.ITガバナンスのモニタリングについて

5.地方銀行におけるITシステムの特性と、ITガバナンスの実現に向けた課題

6.まとめ

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら