コロナ禍で拡大するサブスクリプションサービス~新時代のビジネスモデル~

概要

 新型コロナウイルスは経済に深刻な打撃を与えています。それにもかかわらず、サブスクリプションサービスを扱う企業の80%は成長を続けています。サブスクリプションサービスは以前から存在する仕組みですが、近年ではデジタル化が進み、5GやAIといった技術の進歩とそれに伴う消費者のニーズ変化により、今後も速い速度で成長し続けていると見込まれています。本稿では、サブスクリプションサービスの概要、ジャンルと事例、メリット・デメリット、導入の際のポイント、今後の展望をまとめています。
 継続率が97%を誇るサブスクリプションサービス、コロナ渦で売上を約3倍にした国内サブスクリプションサービスも取り上げていますので、新規事業でサブスクリプションサービスを考えている方、サブスクリプションサービスを深く理解したい方は是非ご一読ください。

目次

1.サブスクリプションサービスとは

2.次世代のサブスクリプションサービス

3.企業がサブスクを導入するために

4.サブスクリプションサービスの今後の展望

5.まとめ

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら