Fintechが変える金融の未来~金融包摂の実現に重要な役割を果たす~

概要

 現在、世界の人口70億人のうち、17億人が金融サービスへのアクセスを持たない「金融排除」の状態にあります。このような状況下で、FintechはビッグデータやAI等のIT技術を駆使し、新ビジネスを生み出して社会的平等に貢献できると期待されています。金融とIT技術を融合させたビジネスであるFintechは、時間や地域の制約を受けることなく、低所得世帯や小規模企業によって非常に役立つと考えられています。
 社会各層に金融サービスを提供することで金融包摂を推進させ、経済成長の促進にも繋げることが可能となります。社会問題の解決に寄与するFintechは、今後よりいっそう注目が集まることが予想されますが、ここではFintechの現状や課題、Fintech推進の取り組み事例などについて紹介します。

目次

1.Fintechとは

2.Fintechの現状と課題

3.SDGsと金融包摂

4.Fintechによる金融包摂

5.金融包摂に向けた取り組み事例

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら