高度IoT社会の実現に向けたエッジコンピューティング

概要

 IoT(Internet of Things=モノのインターネット化)の普及によって様々な端末が扱うデータが膨大になっています。さらに、5Gといった高速の通信システム環境が整備されることで、データの処理により「リアルタイム性」が求められるようになりました。

 しかし現在のクラウドサービスでは、遅延が発生したり、通信コストが高くなったりと、様々な問題が起こっています。より高速な処理とレスポンスが求められる中で、分散処理能力を特徴とするエッジコンピューティングが注目を集めています。エッジコンピューティングを活用することで、膨大なデータの適切な処理、リアルタイムなデータ処理が実現可能です。

 本コンテンツでは、エッジコンピューティングの概要、メリット・課題、適用事例をまとめています。エッジコンピューティングの導入についてぜひ検討ください。

目次

1.エッジコンピューティングとは

2.エッジコンピューティングのメリット

3.エッジコンピューティングの留意点

4.,適用事例

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら