事例と共に学ぶ!リテールテックの活用で実店舗を変える

概要

 令和元年の日本国内のBtoC-EC市場規模は19.4兆円に達し、すべての商取引規模に対する、電子商取引規模の割合を指すEC化率はBtoC-ECで6.76%まで上昇しており、近年益々ECは規模・割合ともに成長を続けています。
EC市場が拡大を続け、EC化率が高まる中、店舗が生き残っていくためには新たな顧客体験や顧客価値の創出の必要性や人手不足、生産性の向上といった課題にリテールテックを活用し対応していくことが求められます。

 リテールテックには、「在庫管理」「物流・配送」「店内体験」「データ分析」「決済」といったジャンルがあります。既に日本国内の様々な企業がこれらのジャンルにおいてリテールテックを活用し成果を出しています。

 本資料ではジャンルごとの成功事例を見ていくとともに、小売業がリテールテックを活用し、成功するために必要となる要因について記述していきます。

目次

1.リテールテックとは

2.日本の現状

3.導入事例

4.最後に

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら