中堅企業のためのDX入門

概要

企業規模の大小に関わらず広く求められているDX。経済産業省が2018年に発表したDXレポートは、2025年までに日本企業がシステムの変革を達成できなければ、2025年以降に年間で最大12兆円の経済損失と産業の衰退が生じると指摘しています。

中堅企業にとってDXは壮大で着手しにくいものに思えるかもしれませんが、日々の業務の効率化等から小規模低価格で始めることが可能です。

本ホワイトペーパーでは、DXの概念の説明、中堅企業が取り組むメリット、推進のためのステップを紹介いたします。中堅企業の事業企画部門や経営企画部門所属で、新たにDXに向けた取り組みを検討している方、上司に提案を行いたい方は、ぜひご一読ください。

目次

1.DXとは

2.DXに過大なIT投資は必要ない

3.中堅企業がDXに取り組むメリット

4.DX推進のためのステップ

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら