BI活用により実現する新しい情報システム部門の姿

概要

データドリブンという言葉がビジネスシーンでも頻繁に用いられるようになりました。データを収集して、分析し、そこに何らかの意味付けをして、経営判断をおこなうBI(ビジネスインテリジェンス)が、主流となりつつあります。社会情勢を見渡すと、ビッグデータの活用、GAFAの台頭、データサイエンンティストの活躍など、データ駆動でビジネスは動きつつあるようです。ここでは、BIを用いたデータの活用についてまとめ、従来の情報処理とは異なる、これからの情報活用についてまとめています。

目次

1.BI(ビジネスインテリジェンス)とは 

2.ビッグデータ時代のBI

3.BIツールのあれこれ(機能)

4.NBIツールのあれこれ(活用事例)

5.BI活用による情報システム部門の変化

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら