日本の製造業 ~ダイナミックケイパビリティを高めるには~

目次

  • 1.日本の現状 
  • 2.中国でのコロナ情報把握システム
  • 3.欧米での現状
  • 4.新しく開発されたシステム
  • 5.まとめ

概要

ITシステムは、今や企業に欠かせない存在です。これまでITシステムは販売管理や経理会計などの場面において、データを正しく保存するために活用されてきました。
一方で、近年では顧客と繋がる目的や、ビジネス判断に向けた分析目的でITシステムが活用され始めています。これらのITシステムは、今まで企業が利用して来なかった種類のデータ活用を必要とします。すなわち、ITシステムの変化に伴い、利用データそのものも変化しているのです。
さらには、それらのデータを管理する方法も、見直す必要が出てくるでしょう。

それでは、近年のITシステムはどの様に変化しているのでしょうか。私たちがこの先、利用することとなるデータとは何でしょうか。また、それらのデータの管理はどの様に行えばよいのでしょうか。今回はこのような疑問についてまとめました。
社会の変化にいち早く対応し、これからも成長してゆきたい企業様のお役に立てると幸いです。

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら