育休中社員とサポート社員双方がイキイキするには~航空業界を例にとって~

目次

  • 1.企業における育休の取得状況
  • 2.育休中の社員とサポート社員のホンネ
  • 3.育休中社員とサポート社員がイキイキする事例
  • 4.マタハラ対策は、女性活躍が活躍する企業から学べ

概要

産休や育休を取得しながらキャリアを継続する社員が増えてきました。企業は、マタハラ対策として、社員が出産、育児による不利益を被ることには、対策を打ちつつあります。そして、育休取得に目標値を掲げ、男性社員にも育休取得を奨励しています。
いっぽうで、子供が居ない社員にとっては、チームメイトのサポートをしなければならず、不利益を被っていると感じている人も少なくありません。
お互いの立場の違いを尊重し合い、不公平感を持たずに双方がイキイキとした職場にするには、どのようにすればよいのでしょうか?
女性社員が多く、様々なライフイベントを経てもキャリアを続けている社員が多い航空会社を例にとってみてみます。
女性活躍推進、マタハラ対策について検討している方に参考になれば幸いです。

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら