男女共同参画局2020年30%へ ~航空業界を例にとって~

目次

  • 1.男女共同参画局202030とは
  • 2.2020年上半期時点での現状
  • 3.女性管理職へのガラスの天井とは
  • 4.航空業界を例にとって
  • 5.ロールモデルは業界を超えて

概要

202030「にいまるにいまるさんまる」をご存知でしょうか?社会のあらゆる分野において2020年までに指導的地位に女性が占める割合を少なくとも30%程度とすると政府が決めた数値目標です。
しかしながら、2020年も半ばを過ぎ、この目標が達成されることは現実的ではありません。
女性管理職への壁を考察したのち、制度を整えるのみならず、企業風土、個人の意識について
考察していきます。
そのなかで、長年にわたり女性が指導的地位に就く割合が高い航空業界を例にとり、組織、個人の側面からどのような企業風土やスキルが必要なのかをまとめております。
女性活躍推進、女性管理職登用を取り組んでいるあらゆる業界の方に参考になれば幸いです。

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら