ウィズコロナにおける情報提供&把握

目次

  • 1.日本の現状 
  • 2.日本の現状 
  • 3.欧米での現状
  • 4.新しく開発されたシステム
  • 5.まとめ

概要

世界的に不調を与えたコロナウイルス。現在では第2波が恐れらており、日本でも感染の拡大が絶えません。そんな中、世界では感染者等の情報把握システムが作られており、アプリなどの使用によって感染者との接触があったかどうかを確認したりできるようになっています。しかし、こういったアプリの使用によって様々な国ではではプライバシーの侵害などが問題になってきており賛否両論の声が上がっています。
この記事では、現在の日本のシステムの現状、中国での感染把握システムと成功事例を紹介します。また、こういった管理ツールはなぜ欧米では受け難いものかも紹介します。

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら