いまさら聞けない「2025年問題」解説、DX推進における課題とその対応策とは

目次

  • 1.2025年問題(2025年の崖)とは
  • 2.DX推進における3つの壁
  • 3.3つの壁への対応策
  • 4.具体的対応策例―人材確保
  • 5.まとめ

概要

デジタル技術は日々進化し、企業がDXを進め競争力を高めていくことは必須の課題となりつつあります。しかしITシステムにまつわる問題は、DXを本格的に開始する際のデータ活用やコストの面で大きな壁となっています。

経済産業省のDXレポートにおいて、このITシステムにまつわる問題を放置しておくと2025年以降日本全体で最大12兆円/年の経済損失が発生すると提言されました。DXレポートではこれを2025年問題(ITシステム「2025年の崖」)と呼んでいます。

本ホワイトペーパーでは、DXレポートの内容を解説。DX推進において課題となる「レガシーシステム」と呼ばれる複雑化・老朽化した既存システムや、システム刷新に取り組むユーザー企業の問題と、その対応策について簡潔に示します。

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら