攻めの情シス バイモーダルITの考え方

目次

  • 1.バイモーダルITとは何か
  • 2.これまでの情報システム部
  • 3.これからの情報システム部
  • 4.バイモーダルITを取り入れた事例
  • 5.これからの課題とまとめ

概要

2015年にガートナー社が発表して広まった、ITの在り方を守りと攻め2つのタイプに分けて推進する考え方、「バイモーダルIT」という言葉があります。
日本ではまだまだ馴染みのない言葉ではありますが、この考え方は今後の情報システム部の在り方を変えるかもしれません。
今回はバイモーダルITの考え方を確認しながら、情報システム部の今までとこれからがどう変わっていくことが考えられるか、理想と現実とのギャップは具体的にどのように埋めるのか、という観点も含めてこれからの情報システム部の強みとして、どういったことを意識していくべきなのかを考察していきます。

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら