低予算でも始められるSAPクラウド活用法

目次

  • 1.基幹システムの寿命
  • 2.2025 年の崖を回避するには
  • 3.ERP 導入は高くつく?
  • 4.試用版 SAP クラウドについて

概要

あなたの企業では老朽化したシステムを使い続けていませんか?
経産省が老朽化システムを企業が使い続けた場合の日本経済への影響シナリオについてまとめたレポートでは、その影響が2025年にピークを迎えることを予想しており、これは「2025年の崖」と呼ばれています。

その2025年の崖に落ちてしまわないための第一歩として、統合基幹システムを導入したいが、コストがかかり投資対効果がわからない。といったお悩みがよく聞かれます。

基幹システム刷新の必要性とは?2025年の崖とは?

まずは低予算でシステム刷新をスタートさせていきたい、という企業様にとって有益となる情報をお伝えします。

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら