事例からみる食品ECの5つのかたち

目次

  • 1.地域特産品ブランディングEC ~白謙かまぼこ
  • 2.商材特化セレクトEC ~職人醤油
  • 3.メディア型EC ~北欧、暮らしの道具店
  • 4.ライブコーマス ~クックパッドマート×老舗まぐろ問屋 
  • 5.パーソナイズドEC ~GREEN SPOON

概要

経済産業省のデータにより、2018年日本の食品ECの市場規模は約1.7兆円に達し、年間成長率は8%を超えています。2020年に突入し、コロナ禍により売上を伸ばしている企業様も存在し、今後の成長も期待されますが、他商品の EC の成功法則が必ずしも適用されない領域です。
本稿では、通常のEC とは異なり、利便性や価格だけで勝負しない、食品ECの5つのかたちー「ブランディング」「品揃え」「メディア化」「ライブコーマス」「パーソナイズ」について、紹介します。ブランディング施策によるファンの囲い込みはもちろん、メディア化によるEC集客力アップなど、自社ECの集客と販売を強化するための成功事例を踏まえながら解説します。

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら