DXに向けたレガシーマイグレーションとは?

目次

  • 1.金融機関が大量に保有するメインフレームの現状
  • 1.1.割に合わないコスト
  • 1.2.生産革新の限界
  • 1.3.運用リスク
  • 2.モダナイゼーションの進め方
  • 2.1.目的と段階的な全体構想の計画
  • 2.2.業務戦略とIT戦略の整合性を取る
  • 2.3.レガシーマイグレーションの“リ”“レ”と高速開発環境
  • 3.マイグレーションに挑む
  • 3.1.移行手法を選択する
  • 3.2.効果を過大評価しない
  • 3.3.全関係者で計画を合意
  • まとめ

概要

デジタルトランスフォーメーション(DX)推進の波が金融系のITシステムにも押し寄せています。金融機関でいわゆる「塩漬け資産」となりつつあるレガシーシステムを刷新するには、どうすればいいでしょうか?レガシーシステムを温存させるにも人的リソース、コストに対してリスクがあることは理解していても、システム刷新へいま一歩踏み出せない方の一助になる情報となっています。
システム刷新の提案を検討している方にもひとつの事例として、おすすめです。

その悩み、
専門家に聞いてみよう

QEEEのスポットコンサルならIoTやAI・ビックデータの活用、海外展開などのお悩みを専門家に1時間から相談できます。

アドバイザーを見つける

他サービスはこちら